東京都庁でコロナワクチンを打ってきた話(モデルナ1回目)

f:id:cosami1215:20210905155038j:plain

先日、派遣されている会社から、職域のコロナワクチンのお知らせと題して、メールがきた。

東京都に会社がある向けの職域接種だった。

対象者は、社員、派遣社員、委託の人、などなど。

自分の自治体のワクチン接種は、正直あんまり期待できない感じだったので、これはチャンス!と思って、すぐに応募した。

予約枠を見てみると、けっこう枠に空きがあり、どの曜日にしようかな~なんて、選べる余裕さえありそうな、さすが東京都だなと思いながら、次の日が休みの前日、土曜日を選んだ。

 

コロナワクチンについて、テレビやネットニュースで、いろいろと情報は知っていたけど、いざ自分が打ちに行くとなると、ちょっと・・・じゃないけど、かなり緊張した。

世の中の流れから見れば、ワクチン接種は必須のような雰囲気であり、ワクチン接種拒否は拒否でありだと思うけど、一応、社会で生きている限り、その流れにはのっておかないととも思える。

あと、やはりコロナにかかったとき、重症化は絶対に避けたいところ。

人によって、重症化するしないはあるようだけど(基礎疾患がある人など)基礎疾患がなくとも、何らかの原因によって重症化してしまうケースもあるようだし、とりあえずそれだけは避けたい。

 

そんなこんなな気持ちで、コロナワクチンを打ってきた。

接種会場は、東京都庁の展望台。

私は、展望台北を選んだ。

南でもよかったんだけど、どっちでもいいやと思って、北を選んだ。

 

土曜日、仕事を早退して、大江戸線駅「都庁前」で下車。

都庁前に行くのは、スキーしに行くとき以来かな?なんて思いながら、会場の入り口を探した。

 

北展望台の人は、2階が受付になっていて、最初は入り口外で問診票の記入、係の人によるメールのチェック、あと、これが重要なんだと思うんだけど、本人が接種するワクチンのメーカーの確認、このワクチンのメーカーの確認は、外でも中でも、しつこいくらい聞かれた。

たぶん、本人が接種するメーカーを絶対に間違えないようするためだと思う。

いまのところ、違うメーカーのワクチンを接種することはダメということになっているから、それを防ぐためにだと思われる。

とにかく、今日が何回目の接種なのか、どのメーカーのワクチンを打つのかというのは、かなり多く質問された。

 

たくさんの人が接種しに来ているせいもあって、待たされる時間が長い。

会場を見たところ、大勢いるなあ~というか、まあ人は多いと思うけど、ええ!と驚くほど人が多いというほどでもなく(枠が決まっているからだと思うけど)、そこそこ人が集まっていた。

あと、ワクチンを接種したあと、会場で15分から30分ほど経過観察をしないといけないので、混む原因は、そのせいもあるかも?と思った。

 

2階の受付で、本日打つワクチンのメーカーの確認、申し込み内容と本人確認、それが正常に終わると、エレベーターで45階にある展望台へと行く。

エレベーター待ちのときに、なんだかディズニーランドみたいだな、なんて思ったりしながら、乗る順番を待っていた。

(ある意味、ワクチン接種というアトラクション?を体験しにいくわけだが)

 

45階にあるワクチン接種会場へと到着すると、いよいよ本番である。

そこでまた並ぶわけだけど、並んでいる間、係の人から「水分補給のこと」と「トイレのこと」あと、「経過観察」について説明があった。

ワクチンを打つ前に、水分補給をお願いしますと言われた。

私はたまたまリュックに水があったからよかったものの、持っていない人は、展望台にある自動販売機から飲み物を購入していた。

しかし、土曜日だからか、自動販売機へ飲み物の補充はないようで、ことごとく売り切れの文字が目立っていた。

なのでもし、私と同じように都庁で接種を希望する人は、飲み物を持っていくことをお勧めします。

(飲み物を飲む理由は、長時間並んでいるからか、多くの人がいるから熱中症対策なのか、ワクチン接種をするからか??)

 

それぞれ個室に入って、医師の方からの口頭の問診、それが終わると、また個室へ移動し、ワクチン接種である。

とにかく、その場その場で、いろいろ質問される回数が多い。

質問が終わると、利き腕じゃないほうの腕を出し、ブスっと注射器を入れられる。

私が担当してくれた人は「アルコール消毒をして、注射しますよ、では、ワン・ツー・スリー(注射器ブスっ)はい、終わりました~」みたいな感じの人だった。

注射自体は一瞬で終わり、注射器の痛みもほぼない。

まあでも、コロナワクチンはこの後が大変なのである。

家に帰る電車の中で、私はこの後どうなるんだろう・・・という不安と、もう打ったからにはなるようになれ!という気持ちで帰路についた。

 

そして、テレビやニュースで言われていたことが、ジワジワと自分の身体にも起こってくるのである。

とりあえず、いまこのブログを書いているときは、腕の痛みと、ちょっとした頭痛がするくらいで済んでいるかな?というところである。

(頭痛がしてきたときに、バファリンを飲みました)