ねことメガネとアネモネと

雑記ブログ、日常の備忘録

やっぱりね、ブログを書くのは楽しいよ

f:id:cosami1215:20211101202921j:plain

今日から11月。

2021年もあと少し、またNHKの「ゆく年くる年」が観られる日が来るのか。

この「ねことメガネとアネモネと」の月別アーカイブを見ていたら、10月の記事数が22と書いてあった。

10月はけっこうブログ書いたなあ~なんて、思っていた。

 

私の中でブログとは、自分の好きなことをダラダラ書いて良い、というものであると思っている。

好きなことをダラダラを書いていれば、世間的に言えば、自分の好きなことばかり書いていても、誰にも見られないから無駄、なんていう。

自分の好きなことばかり、日記みたいなことばかり書いていたって、世の中の人は、あんたに興味なんかないんだから、見られるわけないわい、なんて言われる。

確かに、最近というか、映像コンテンツが伸びてきているいま、文字を読む人なんか、あまりおらんような気もするし、年齢層が低い高い関係なく、そのような人っているのかいないのか、私の脳みその中では、わからんことである。

でも、減ってきているのは確かだと思うんだな。

 

減ってきているといえども、インターネットで調べ物をしようとして検索をし、出てくるコンテンツって、たいてい文字が書かれたブログなどであろうって。

調べものをして出てくるコンテンツは、だいたいが、こんな無駄な話しか書いていない記事ではなく、ちゃんとした文章で(ちゃんとしているかどうかはその人次第だけど)調べた人に寄り添った?記事が出てくるはずである。

 

自分のことに戻るけど、記事数が22も書けた(ほとんど無駄なことばかりだけど)理由として、やっぱり自分の好きなこと、人には無意味だろうけど自分の生活で起こったこと、なんかを書いていきたいと思い直したからである

あと、文章をなんでも良いから書いていかないと、文章力ってやっぱり上がらないと思うのですよ。

 

自分自身の過去の記事を読んでいるとき、ほぼ全部に言えることが「日本語がおかしい」ということである。

いまもおかしいかもしれないけど、だいたいおいて主語がないような気がした。

いまも主語がない文章を書いているかもしれないけど、私的に、本人的におかしいってわかるもの。

書いて書いて書きまくる、それが練習になる(根性論みたいな)

 

好きなことを書いているとき、書きたいと思ったことを書くことが楽しい。

無駄だろうかなんだろうが、なんにも縛られるものがなく、ただただ好きなことを書いているときが本当に楽しい。

 

☆押していただけると励みなります☆

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


備忘録・雑記ランキング