ねことメガネとアネモネと

アウトドアや古代史巡りなどしています。生活の記録・メモ書きみたいなもんです。

本で紹介されている書籍を買うことって大事なんだな、と思った話

久しぶりに、読書法について書かれた本を購入してみた。

この本に書かれている内容を、ものすんごく簡単に説明すると「なにがなんでも読書がいい」といい、じゃあ実際に、どういう本を読んでいけばいいのかというと「翻訳書を読むといい」という。

 

この本の最後に、袋とじで、勝間さんがオススメしている書籍が紹介されている。

私の今年の目標は「マネーリテラシーを磨く」ことであるから、私は素直に、この読書法の袋とじに紹介されている本を、何冊か購入してみた。

 

読書(それ以外でも)に関する書籍には、たいてい、おすすめ本が紹介されている。

私は、それを素直に購入してこなかった、気にはしていたけど、結局買わなかった、ということが多かったので、今年は、おすすめされている本(全部は無理かもしれないけど)、気になった本、自分のお財布が許す限り、本を買ってみようと決意した。

 

そこで、勝間式 お金持ちになる本に紹介されていた本を、1冊一昨日あたりに購入してみた。

アマゾンで紙の本を買おうと思ったんだけど、中古本かコレクター商品?みたいなのしか扱っていないらしく、べらぼうに高い。

なので、kindle本にした。kindle本にすると、お値段1336円。

 

iPhoneに、kindleアプリを入れているので、通勤時間などにコツコツと読んでいるけど、この本は、べらぼうに良い本、である。

なんで、この本と早くに出会わなかったんだろうと、ちょっと大げさだけど、若干後悔。

どういう内容だったか、アウトプットの意味を込めて、ブログに書いていこうと思うんだけど、とりあえず、個人的に良かったところを、メモ帳にまとめようとしているところではある。

 

そして私は、勝間式 お金持ちになる読書法で紹介されていた本を、今日アマゾンで2冊購入した。

自分の勉強したい分野で紹介されている本って、もしかしたら、当たり外れあるかもしれないけど、それは経験として、勉強代としてお金を払うという、前向きに考えつつ、やっぱり、紹介されている本を買ってみて読んでみる、とういことは大事なんだなと、勝間式を読んで痛感した今日この頃である。

 

☆押していただけると励みなります☆

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


備忘録・雑記ランキング