ねことメガネとアネモネと

生活の記録・メモ書きみたいなもんです。

2022年9月22日の日記

4時ごろに目が覚めた。

猫が、私の背中らへんに乗ろうと頑張って、乗っては下り乗っては下りを繰り返していた。

私の身体の角度が悪かったらしい。

二度寝して、外からガンガン音がする。

窓を少し開けて寝ていたから、かなり音が部屋まで聞こえていた。

建て付けが悪くなったのか、何かを閉めようとするような、そんな音のリズムというか、数分続いていた。

スマホのアラームが鳴り、布団から出た。

相方が、月曜日から2週間、夜勤になっているので、夜は私と猫2匹だけ。

私は昨日の夜、ひと通り家事をし、このまま寝たい、このまま寝たいと強く思いながら、誰もいない(人がいないということ)部屋で「めんどぉくさいんで、寝ますッ!!」と、デカい声で、誰かしらに言うわけでもなく、宣言するわけでもなく、ただただ言った。

私にとってはよくある光景で、なんだろ、何かを発散させたいのか、ひとりでいるときは、デカい声で、何か言ってる。

布団の中でゴロゴロしながらスマホを見たり、猫に話しかけたりして寝た。

そんな夜を過ごしていたから、起きてケトルにお水をセット、そんでシャワーを浴びた。

コーヒーを淹れ、今日の服装をどうするか考えた。

半袖に長袖の上着を着るか、最初から長袖を着て、予備として、上着を持って行くか。

ウェザーニュースでは、肌寒いの文字。

歩くと暖かくなってくるかな、とも思いつつ、長袖を着て行くことに決めた。

意外とね、電車の中とか、少し蒸し暑いときあるんよね。

歯を磨いているときに、猫が足元をスリスリしながら、ニャーンと鳴いた。

あー、こうされちゃうと会社に行きたくなくなるじゃないかーって、親バカならぬ猫バカをする。

ゴミを持って少し早めに家を出た。

風が吹くと少しさむっと思える気温だったけど、これぐらいがちょうどいいと思いながら駅に向かった。

キャンプもこの気温なら、外で飲むコーヒーがどんだけ美味いかなあ、なんて思いながら歩いていた。

いつもの畑の隣を歩いていたら、刈り取られた向日葵の生き残りがいた。

写真撮りたい!と思って、コソコソ周りを見つつ、シャッターをきる。

6時半ごろからの外は、人が多くなる時間帯である。

駅に着いて、停車している電車に乗り、いつもの車両いつもの席の場所に座る。

私の前の座席に女性が座った。

チラリと見ると、不自然にカバンの中をゴソゴソとし、私のことをすごい角度から睨んでいる。

え?とくに何も見ていませんがという態度を私はチラチラ見せながら、でも女性が気になるから(睨まれてるし)目の隅で見ていると、マスクを外して飴を食べた感じだった。

人によるかもしれないが、私は飴くらいだったら、普通に食べればいいと思っている。

外はもちろん、電車の中でも。

流石にマックみたいな、臭いの出るものは、コロナ禍じゃなくとも、お断りだけど、飴なら、全然ウェルカムである。

まあね、そこらへん、食べる側も、周りも、気にする人は気になるのであろうて。

昨日の続きじゃないけど、ポップン曲「Cry Out」を聴く(YouTubeのリストに入れておいた)。

そんで、スマホを見てから文庫本を取り出して読んでいた。

隣に座っていたおじさんが、寝に入りながら、ぐらぐら左側にいる私の方に身体を揺らす。

寝ながら身体がぐらぐら揺れる原因について、私なりの個人的な結論を出したことがある。

それは、体幹が弱い(と勝手に思うだけ)。

あと、よく思うのは、私が電車から降りたあと、このぐらぐら揺れるおじさんの隣に人は座るのかということ。

どう見ても、私が座っている間、となりのおじさんがどんな感じになっちゃってるのか、知っていると思うんだけど・・・まあ、座りたい人は座るか(結論出た)

会社に着いて仕事をする。

連休前だからか、いつもより仕事量が少なめ。

休憩時間になって、少し遠くにある自動販売機で、カップのコーヒーを買おうと、外に出た。

自販機の前で、コーヒーが出来上がるのを待っていた。

自動で、自販機の扉が開き、コーヒーを取ろうとしたら、さっき入れたお金が、返却口に全額戻ってきた。

「え!?お金出てきた!」

と思って、自販機の上を見たら、当たりが出たらキャッシュバックキャンペーン中!と看板があった。

これかあ!と思って、やったー!!と嬉しくなり、戻ってきた130円を握り締めて、自分のデスクに戻ってきた。

Mさんに、キャッシュバックキャンペーンに当たってお金戻ってきたよ!と報告したら「そういう小さな幸せが少しでもあればいいんですけどね」と、新人教育にお疲れの一面を見せた。

可哀想に・・・と思いながら、仕事をした。

退勤時間になり、外に出てみると雨。

無印良品の日傘兼雨の日用の傘を持ってきていたので、もうちょい大きめの傘を持ってくればよかったなと後悔。

気温は、寒くもなく暑くもなくちょうどいい。

駅に着いて来た電車に乗る。

電車の中は、クーラーと窓開けのせいで、若干寒め。

電車が千葉県に入って速度を上げて走っていく。

電車の窓から流れてくる空気が、マスクをしていてもわかる、雨の匂いと自然の匂いというものが入ってきて、個人的にですがひとり癒されていた。

駅に着いて、スーパーへ買い物に行く。

今日の夕ご飯は何にしようか考えるが、だいたい食べたいものが浮かばない。

むしろ、これといって食べたいものがない。

だから、スーパーの中をブラブラして、食べたいものを決めている。

こういう買い方って、お財布にはよくないんだろうなあ、と思いつつ、適当に食材を買って帰った。

家に着いて、冷蔵庫にあるものと、買ってきた食材をつかって夕ご飯を作った。

今日は、ダラダラとご飯を食べずにすんだ。

何か甘いものが食べたいなと思って冷蔵庫を見てみると、賞味期限の切れたプリンが出てきた。

まだいけるっしょ!と思って、ちょっとニオイを嗅いでみたけど、全然オッケー。

食べながら、ああ、幸せな夜だなと思いつつ、自分のお腹に変化が現れないことを期待する。

気が付くと、今日の日記の文字数が2000文字を超えていた。

これから何すっぺかなあと、あくびをして伸びをして、プリンを食べきった。

 

いまのところ毎日更新で日記を書いているから、キャッシュバックキャンペーンに当たったんだと、幸運を運んできてくれる日記として、これからも書いていこうと思う。

見た目お化けのようだけど、いつも通る畑に生き延びていた向日葵