ねことメガネとアネモネと

生活の記録・メモ書きみたいなもんです。

滞在先のホテルで、自分のノートパソコンで作業することの快適さ

上高地にある徳沢に行くために、長野県前乗りとして、松本市にあるビジネスホテル「スーパーホテル松本天然温泉」に泊まった。

www.superhotel.co.jp

ここ「スーパーホテル松本天然温泉」は、諏訪の湯という天然温泉の大浴場があるホテルである。

 

私は、松本市などを観光で来たわけじゃないから、ホテルに泊まっている間はヒマである。

そう思って、家からノートパソコンでも持っていき、ホテルでブログを書いたり、YouTubeを観て、夜を過ごしていた。

 

家から自分のノートパソコンを持って行くという行動が今回初めてだった。

今回は車で移動するし、荷物が少し多くても、そんな気にならないしと、一度はやってみたかった、家のノートパソコンを持ち出して、まるでノマドワーカーみたいに(発想がアホ)過ごす、みたいな、実際は1ミリたりともそんなことはしていないのだが、ヒマつぶしというよりかは、外出していても、時間があるのだから、何かできることがあるならばやろう、ということをやりたかった。

 

ま、大してためになるようなことは書いていないブログだけど、趣味のブログ、古代史のブログをポチポチと更新していた。

そんで作業が終わると、YouTubeをちょろっと観ていたりしていた。

というか、ブログの作業がすすむ、すすむ!

いつもなら、撮ってきた写真をは、家に帰るまで、編集作業などできなかったし、ブログも、あれもこれも書いておきたいなあとネタが浮かんでも、家に帰るまで、モヤモヤする書きたい衝動を抑えていたし、でもいまは、ホテルに帰れば、すぐ自分のノートパソコンで作業ができる、これは素晴らしいことだ!と思った。

 

来月、奈良県に行って、橿原考古学研究所付属博物館と、明日香村にある史跡をいろいろ巡る旅を予定している。

そのとき、2泊3日の予定で行こうと思っているのだけど、ホテル滞在時に、自分のノートパソコンであれこれ作業をしようと決めている。

 

しかし、ここで問題になるのが、ノートパソコンの重さである。

私が使用しているノートパソコンは、MacBookでもなければ、軽いPCでもない、ゲーミング用ノートパソコンである。

性能は、とても満足しているのだけど、なにせ持ち歩き用とかではないので重い。

なので、最初、ジェットスターで関西国際空港へ行き、そして電車に乗り換え、奈良に行く予定だったが、ノートパソコンを持って行きたいがゆえに、ジェットスターでは、無駄にお金がかかると思って、新幹線で京都駅まで行き、乗り換えて奈良に行くことに決めた。

 

ホテルのネット回線ってどうなの?と、ちょっと不安になっていたが、スーパーホテルの場合、遅いとか繋がりが悪いとか、全くそんなことはなかった。

これからは、ビジネスホテルなどに泊まりに行くときには、自分のノートパソコンをお供に、旅をしていこうと決めた。

 

いやはや、時間があるなら作業をする、これはホント大事だね。

 

スーパーホテル松本天然温泉の部屋紹介

シングルルーム、2階のお部屋だった

なぜか天井の写真が

ユニットバス

個人的にポイントが高かったところ、お湯の温度が設定できるお風呂。

お水とお湯が別々のひねりからでるタイプだと、自分の気に入る温度になるまで、けっこう時間がかかる。

このタイプだと、左側のダイヤルを回すだけで、温度調節ができるし、すぐ自分の気に入る温度になるから、時間短縮。

個人的にポイントが高かったシャワーの水・お湯切り替え

シャワーヘッドはこんな感じ

お世話になったスーパーホテル松本天然温泉の外観

松本駅からちょっと歩くし、車なら、ちょっとめんどくさい道を走るはめになるけど、となりに大き目な立体駐車場があるので、車でも便利。