ねことメガネとアネモネと

生活の記録・メモ書きみたいなもんです。

あの頃は、ただただ土器の写真が撮りたかっただけだった・・・

相変わらず、まだまだこの本を読んでいる。

私がいままで撮ってきた写真の中に、この本に掲載されている土器がないか探すのが、ほぼの日課になってきた(そんなに写真ないけど)

 

この本の中に「出産の瞬間を表現したのではないかと考えられている土器」として知られる、津金御所前遺跡から出土した土器がある。

この土器は、山梨県立考古博物に展示されていたんだけど、2年前に行ったときの写真に、土器が写っていないか、確認してみたら・・・

手前にあるのが「出産の瞬間を表現したと考えられている土器」

「オワッ!!見事に、真正面から、私、写真撮ってない!!><」

もったいなさ過ぎるーーー!!

と思ってしまうが、まだ古代史にハマり始めて日が浅い時期。

致し方ない・・・このときの気持ちは、ただただ土器を写真におさめたかっただけ、だったと思う・・・

 

いや、その頃があってこそ、もう1度、行ったことのある博物館や遺跡に行って、ちゃんと勉強してこようと思えるのである。