ねことメガネとアネモネと

生活の記録・メモ書きみたいなもんです。

アイヌの女性が身につけるアクセサリー「タマサイ」

数年前からハマりだした「古代史」について、誰ともなく誰かに話したくなるときがある。

しかし、古代史なんか、誰ひとりとして興味あるわけないから、ただただここのブログで、ひとり語るだけである(それがブログっていうもんでしょう)

適当にダラダラと書くだけのカテゴリを作った。

 

北海道の縄文遺跡群を見学しに行く前に、白老町にある「ウポポイ」に行ってきた。

ウポポイとは、アイヌの歴史や文化を知ることができる博物館で、今回の旅行では、ぜひとも行ってみたい博物館のひとつだった。

ainu-upopoy.jp

そこで見た「タマサイ」という、女性が儀式や祭りのときに身につけるアクセサリーがある。

そのアクセサリーのデザインというか大きさに衝撃を受けて、北海道から帰ってきた後も、仕事帰りのときなどで、ふと思い出しては、ネットで画像検索をしては、タマサイを見ていた(病気、病気)

漫画の「ゴールデンカムイ」と読んだことがある人は、知っているアクセサリーだと思う(私は読んだことはないが)

女性が身につける衣装とタマサイ

しかし、この石の大きさ、ただもんじゃない大きさだと思う。

「いや~・・・重そうだな、首やられそう・・・」

なんて、ど素人めいた感想しかでない私だが、この石の大きさには驚きとすごいなという衝撃があった。

展示の全体

北海道では、縄文時代の次が弥生時代ではなく、続縄文文化、擦文文化と、縄文時代の文化をそのまま継承しつつ、本州などからくる文化と融合していき、アイヌ文化が始まる。

ウポポイにも、縄文土器の展示があり、どのようにしてアイヌ文化が始まったのか?知れる展示もあった・・・気がする(私の写真フォルダには土器までの写真しかなかった)

 

ウポポイのとなりには、キャンプをしたくなる湖がある。

湖といえば、湖畔のホテル。

友達が、このホテルについて調べたら、けっこうお高いホテルだそうで。

ウポポイのとなりにある湖

ウポポイのことをブログに書こうと思うのだけど、思えば私、アイヌ文化について、大して知識がなかった。

ここウポポイに行って、展示などの説明文は読んではいたが、しっかりと??頭に入っているわけでもない。

ウポポイを見学していたとき友達が、

あー、ゴールデンカムイ読んでおいてよかったー

と言っていたので、私もとりあえず、ゴールデンカムイから読んで、アイヌ文化について勉強しようかと思う。