ねことメガネとアネモネと

生活の記録・メモ書きみたいなもんです。

上高地は本当に素晴らしい、登山者じゃなくとも明神までは行けます

9月5日から1泊、上高地にある徳沢へ、山小屋泊をしにいった。

徳沢にある山小屋「徳沢ロッヂ」に行ってきたのだけど、上高地って、本当に素晴らしいところだと、毎回思う。

www.m-kamikouchi.jp

 

日本中、むしろ世界中の人々が知っているであろう日本の観光地「上高地」。

日本の避暑地としていちばん有名で、多くの人が訪れる観光地、それはなんといってもアクセスの良さにもあると思う。

駐車場も多いし、電車でも行ける(駅からバスに乗り換えるけど)。

上高地は、マイカー規制されているので、バスかタクシーに乗り換えて行かないといけない場所である。

 

私は、自分の車で「沢渡バスターミナルの駐車場」まで行き、そこからバスに乗り換えて、バスの終点「上高地バスターミナル」まで行った。

マイカー規制は「釜トンネル」からなのだけど、その釜トンネルをぬけると、日本アルプスの絶景が見えてくる。

大正池と穂高

バスの中には、登山の恰好をした人たち、普段着で乗る観光客の人たち、コロナの世の中だから、バスの中は満席とはなってはいないけど、いろいろな人が乗っている。

上高地内の最初の停留所「大正池」では、多くの人が降りる。

大正池と穂高や焼岳を見ながら、自然豊かな場所を、手軽に散策できる。

そして、上高地バスターミナルまで行く、ちょっと300メートルほど歩けば、上高地でいちばん有名かもしれない「河童橋」に着く。

そこから見る、大きく見える穂高の山々と焼岳の雄姿、透き通る水が流れる梓川をバックに、日本が誇る絶景を見ることができる。

河童橋

河童橋周辺には、お土産屋さん、食事をするカフェなどがたくさんあり、この雄大な景色を眺めながら、美味しいご飯が食べられる。

しかも、上高地は涼しい。

風が吹くと、都会などでは味わえないくらい、清々しく涼しい風が吹く。

 

河童橋から約3キロほど歩くと、明神という場所に着く。

1時間ほどで着くし、道も山道じゃないので、普段着で来る観光客の人たちも、ちょっと足をのばそうと思って、明神まで行く人も多い。

明神にある「明神館」

明神館には、軽く食事ができる場所があり、ここまで足をのばした人たちは、乾杯!として、ビールなどを飲んでいた。

明神館から600メートルほど歩くと、穂高神社・奥宮があり、そこから大正池と同じくらい有名な「明神池」がある。

明神池

明神池に行くには、社務所で500円を支払わないといけないのだけど、明神池も見ていると、とても神秘的な池で、バックに映える山々たちと一緒に見ていると、つくりものじゃないかと思えるくらい、不思議な気持ちになる(私だけか)

 

社務所のとなりに、喜門次小屋という休憩場所があるので、河童橋から歩いてきた疲れを、ここで一息ついて帰るのもよしかな?とも思う。

喜門次小屋

明神から約3キロ歩いて行くと、徳沢という場所に着く。

徳沢は、徳沢園、テント場、そして今回私がお世話になった徳沢ロッヂがある。

徳沢ロッヂ

ここを起点に、朝早く山小屋を出て、登山をしに行く人もいれば、私みたいに、山小屋自体を楽しむとうい人もいる。

山小屋のラウンジでのんびり漫画を読んでいたり、相部屋は二段ベッドで、カーテンの仕切りがあるので、プライベートは保てるから、ゴロゴロしながら、YouTubeを観ていたり、非日常というのか、そういうのを楽しんでいた。

 

本当に日本って素晴らしいものが、たっくさんあると思うところがあって、歴史や文化そして日本の自然を、日本人がもっと知ってもいいんじゃないかって、偉そうなことを、ひとり思っていたりする。

次の日の朝、朝日を浴びる山々

ちなみに上高地は、土日祝日となると、大自然の銀座(いま自分が命名した)ようになるから、なるべくなら平日に行くことをおすすめします。

この時期、夏が終わりかけるときが、いちばん良い時期かと思います。

10月になると、紅葉がべらぼうに美しく見ることができるけど、いま言ったように、大自然の銀座になること間違いなしなので、その頃は、平日、土日祝日関係なく、いつ行っても混んでるんだろうなあ。

 

詳しくはこちらのブログで書いています。

>>あずと登山とキャンプと