ねことメガネとアネモネと

生活の記録・メモ書きみたいなもんです。

特に予定のない休日の朝ごはんは「納豆卵かけごはん」な私

みなさん、休日の朝ごはんって、何を召し上がっていますかね?

私は、タイトル通り、ほぼ毎回きまって「納豆卵かけごはん」です。

 

納豆卵かけごはんの材料は、温かい白飯、納豆(金のつぶ たれたっぷりたまご醤油たれ)、新鮮な生卵、そして、こちらの「しじ美醤油」である。

しじ美醤油(濃) 200ml

納豆はまず、金のつぶ たれたっぷりたまご醤油たれ、でなければならない。

このたまご醤油たれの納豆は、なんといっても、たれの量が多くて好き。

 

納豆とたれを混ぜたとき、納豆に混ざるたれの量が少ないと、たれの意味とは?と思ってしまうほど、納豆と混ざったたれが薄味だったり、納豆が嫌いな人って、臭いもあるけど、たれの少なさにあるのでは?とも思っちゃうほど、たれの量は重要である。

 

ほら、ここ最近、原材料値上げが多くて、スーパーなどに売っている商品が、値上げラッシュ、価格そのままだけど、内容量を減らされて、え?こんなに小さかったっけ?あれ?こんな量少なかったっけ?みたいな、マジックに襲われる。

 

内容量を減らされちゃうという現象を見てきて、いつかこのたまご醤油たれに付けられている納豆のたれの量が減らされちゃうんじゃないかって、いつも買ってから中身をみたときに、ビクビクしている私だ(もしや、自分が気が付かないだけで、もう減らされてる??)。

 

温かい白飯に、たっぷりのたれをまぜまぜした納豆を入れ、そこに生卵を投下。

おっと、これで納豆卵かけごはんは、まだ完成ではない。

生卵を投下したあと、おい醤油じゃないけど、北海道に住む友達から教えてもらった「しじ美醤油」を適量いれる。

 

コロナ前、北海道の網走にいって、流氷を見にいったとき、船に乗るチケット売り場のとなりに、売店があった。

そこに、この「しじ美醤油」が売っていたのだった。

 

友達は、旦那さんが、網走に行くときに、ほぼ毎回買ってきてもらうというもので、友達は、しじ美醬油を、卵かけごはんを食べるときに使っているという。

それを聞いて、じゃあ私も買って帰ろうと思って、網走の売店で買って帰ってきたのがきっかけで、それ以来、しじ美醤油がなくなっては、友達に頼んで、北海道からわざわざ宅急便で送ってもらっていた。

 

しかし、今年から、しじ美醬油が、アマゾンでも注文できることを知り、友達に頼まずとも、お手軽にしじ美醬油が手に入るようになった。

しかも、送料は無料(プライム会員なので)、しじ美醤油がなくなっては、すぐアマゾンで注文することができる。

アマゾンで注文する前、しじ美醤油が、すぐ手に入らなかったときは、他の醤油で代用して納豆卵かけごはんを食べていたが、やっぱりしじ美醬油でなければならないと、他の醤油では、私の求めている納豆卵かけごはんの味にはならない!強く思うのであった。

 

温かい白飯、金のつぶ たれたっぷり!たまご醤油たれ(納豆)、生卵、網走湖産のシジミを使ったしじ美醬油、この4点セットがないと、私の朝ごはん(納豆卵かけごはん)は成立しないのであった。

本当に、マジで美味しいよ、しじ美醬油は。

shi-ji-mi.com

納豆卵かけごはん(ここにしじ美醬油を入れる)