ねことメガネとアネモネと

生活の記録・メモ書きみたいなもんです。だいたい週末にまとめて更新しています。

熊野古道と聞くと思い出す思い出

7月30日から、3泊4日の日程で、相方と伊勢に旅行に行く。

昨日、相方から「はい、お土産」と言われてもらった?三重県のガイドブック。

はい、お土産と、ガイドブックをもらう??前に、私はアマゾンのkindleで、伊勢志摩のガイドブックを無料で(アンリミテッドで)読んでいた。

いやいやいまさらと思いつつ、意味がわからんと思いながら、ガイドブックをチラチラと読んでいた。

 

私はこのかた、生きていて行ったことない都道府県は、まだまだ半分以上ある。

三重県も、そのうちのひとつの県で、今回、三重県へは初上陸となる。

(三重県の方、よろしくお願いいたします!)

 

三重県に何しに行くかというと、生きているうちに1度は行きたいと思っていた「伊勢神宮」へ行くこと、熊野古道、熊野那智大社に行く(もう三重県じゃない)という、生きているうちに行ってみたい神社を巡る旅である。

やっぱりさ、伊勢神宮には、1度は行ってみたいじゃん。

 

いまは古墳巡り、古代史にハマっているけど、ひと昔前、私は仏像、お寺、神社などに興味があって、いろいろ本を読んでいた。

いまの古墳巡りほど、ガッツリとハマることはなかったが、そのころに、熊野古道のこと、熊野那智大社などについて、読んでいたと思う。

 

熊野古道と聞いて、私の中で、伝説となっている思い出話がある。

熊野古道については、5年以上前に、派遣先の会社の同じ派遣さんに教えてもらった。

彼女は、ひとりで熊野古道へ行くといって、旅行にいったことがあった。

そのときに、なにかお土産お願いします!と(当時、お土産をあげあうのが、ちょっとしたブームだったと思う)それに、お互い、神社やお寺が好きと知っていたので、熊野古道に行くなら、何か買ってきてもらいたいな~なんて思い、お土産を頼んでみた。

 

当時、興味があった浅草にある鷲神社の熊手を、その会社の人にお土産としてあげようと思って、私は買ってきていた。

いろいろお世話になっているし、日ごろのお礼にと、1500円くらいだったかな、小さな熊手を買った。

 

そして、会社の人が旅行から帰ってきて、私は彼女に熊手をお土産としてあげた。

すると会社の人は「そうそう頼まれていたお土産買ってきたよ、はい800円(手を出す)」

え?お土産じゃなく、買物してきたとして、私お金請求されるんかい??

と、いま思えば、これが(お金を請求されることが)普通なのか、自分だけ勝手に思っていたお土産としての思い込みだったのか、私は、ああ、そうなんだ、と言って800円渡した。

そのあと、会社の人からお土産として渡されたのは、ご当地限定カール(お菓子のカール)であった。

 

後日、別の会社の人に、このことを話したら「ええ?ケチじゃない??熊手1500円のやつあげて、あっちは800円要求するんでしょ?ケチじゃない?」と何回も言っていた。

それ以降、お土産をお互い渡さなくなったが、熊野古道と聞くと、ふとこのことを思い出す。

その派遣の方は、違う部署へと移動してしまったが、いま思えば、これも良い思い出だったと言えるのかな。