ねことメガネとアネモネと

生活の記録・メモ書きみたいなもんです。だいたい週末にまとめて更新しています。

7月のあたまに夏キャンプへ、候補となっていた3つのキャンプ場を紹介

夏キャンプを楽しみたいと思って、テント内で使える扇風機をアマゾンで購入した。

 

私が、初!キャンプを始めた季節が夏、7月か8月だったと思うけど、ザ・真夏という、テントを初めて建てるというときに、軽く熱中症になった思い出がある、暑い日だった。

 

その当時のキャンプ場の場所は、軽井沢だったから、昼間はすごく暑くて、夜はけっこう涼しい、みたいな感じだった。

夜までの間、暑い暑いテントの中で快適(少しは快適に過ごしたい)と、暑さをどうにかしないと、夏のキャンプができないから、何か対策しないとと思って、誰でも思い付く、扇風機を導入してみた。

 

今回、7月のあたまらへんにキャンプへ行こう~と思って、いつもキャンプ場を探すときに利用している「なっぷ」を見ていた。

www.nap-camp.com

 

私は、ポータブル電源は持っていない。

いつかは欲しいと思っているのだけど、お値段的にいまところ、手が出ないというか、いつかはやってみたい(やる予定ではいる)車中泊用にと(防災用としても使えるし)、1台くらいは購入したいと思っている。

 

キャンプ場には、電源サイトという、地中からにょきっと家庭でも見られる、電源穴(正式名称何て言うん?)がある場所がある。

今回、7月あたまに行くキャンプ場は、茨城県つくば市にある「茎崎こもれび六斗の森」というキャンプ場。

とりあえず、家からまあまあ近い(下道でも余裕で行ける)、あと、サイトの感じで選んだ。

オートサイトのお値段は、5280円だが、下道で行けば高速代もかからないし、今回は秘密兵器、扇風機があるから、多少は暑さはしのげるはず。

 

ちなみに、候補となっていたキャンプ場は以下の場所である。

1.軽井沢キャンプゴールド

www.nap-camp.com

オートサイト・電源あり・5名さままで、2500円から。

設備もキレイで(高規格キャンプ場)、気持ち的不自由は、なさそう。

家から(千葉県から)行くのにお金かかるけど、軽井沢は涼しいし(さっき暑いって書いたのに)、ここのキャンプ場、軽井沢駅までまあまあ近いから、行きや帰りに、ショッピングなんか楽しんできてもいいかもしれないと、いま思った(私はしませんが)

 

2.小黒川渓谷キャンプ場

www.nap-camp.com

オートサイト・電源あり・10名さままで、5000円から。

なっぷのプランでは、丁寧に、サイトの区画?写真が見られる。

木陰のサイトが多めな感じに見えたので、日差しを避けられそうだったのと、めんどくさがりな私には、このサイトいいなあと思って見ていた。

あと、私が長野県が大好きだから、ついつい長野県を選ぶ。

 

3.鹿嶺高原キャンプ場

www.nap-camp.com

しかみねと書いてかれいと読む、鹿嶺高原キャンプ場。

高原だけあって、標高1800メートルにあるキャンプ場で、天気の良い夜には、星空が、そしてアルプスが見渡せるという、大パノラマのキャンプ場である。

標高1800メートルもあるんで、絶対に涼しい!(むしろ肌寒い)し、アルプスを見ながら、まったりキャンプなんて、絶対にやってみたい!と思っていたが、天気予報を何日か見ていたが、行きたい日にちの天気が、あまりよくない感じだったので、今回は断念した。

オートサイトには、電源がないが、標高1800メートルもあれば、扇風機なんかいらんだろと、それよりもアルプスが見たいんじゃと思って、予約しようと思っていた。

オートサイトは5000円から、ソロサイト(1名のみ・車両不可)は1500円から。

絶対に行きたい、鹿嶺高原キャンプ場。

 

と、まあこんな感じに、いろいろと、どのキャンプ場にしようか見ていた。

参考にならないと思うけど、私の心は、だいたい長野県である。