ねことメガネとアネモネと

生活の記録・メモ書きみたいなもんです。だいたい週末にまとめて更新しています。

2019年の台風で、鋸山が大変なことになっていた話

どこか遠くへ行かなくとも、山に登れるところがある、と思って、千葉県にある有名な山「鋸山」について検索してみた。

私は、現在千葉県民であるが、鋸山へは、たぶん2回か3回くらい行ったことがある。

 

千葉県には高い山(高尾山くらいの山)みたいなのはない。

鋸山は、標高329メールの山で、鋸山からは、房州石といって、加工しやすく、耐火性があって、江戸時代から大正時代まで、東京湾の台場から皇居の造営などに使われていたという、鋸山は石切り場の場所であった。

なので、ところどころ自然にできたような場所ではない、人工的な石の壁みたいなのを見ることができる。

 

Googleさんで、鋸山と検索窓に入れて検索してみたら、とあるサイトが出てきた。

鋸山 nokogiriyama Nature museum

そこのサイトには、2019年に千葉県全体を襲った台風15号の影響で、ズタボロにされてしまった鋸山の様子が載っていた。

私がひとりでハイキングをしに行った「花嫁街道」という、南房総市にあるハイキングコースがあるのだけど、そこも台風15号の影響で、コースは一時不通となり、現在(去年だったけど)修復中ということで、関係者の方が数人作業をしていたところを拝見した(通りかかって、少しお話をした)

やっぱり台風15号の被害は甚大だったようで、まさか鋸山が!なんて思いながら、サイトを見ていた(車では何度か通っていたからね)

 

サイトを見ていたら、現在の鋸山がどうなっているのか気になってきた。

今日から(6月6日)関東は梅雨入りしたようだけど、雨さえ降っていない天気ならば、鋸山を登ってこようかなとも思った。

低山だし、梅雨なので、登っているときのジメジメ感で、体力が奪われそうだけど、鋸山のコースくらいだったら、耐えられるかな?とも思うのである。

 

自分の知っている場所が、こんなにも被害が大きくて、大変なことになっていただなんて、ちょっとショックだったな。