ねことメガネとアネモネと

生活の記録・メモ書きみたいなもんです。だいたい週末にまとめて更新しています。

朝4時から散歩をし始めたら、メリットだらけだった話

仕事に行く前、休みの日の朝に、散歩をしようと決めた。

先週の火曜日から散歩をし始めて、朝の天気が悪い日以外、いまのところ続いている。

起きる時間は、朝4時。

私の仕事開始時間は、だいたい毎日朝8時からなので、通勤時間などもろもろ差し引いて、朝4時に起きて、すぐ散歩に行くのが、いちばん時間的に余裕があると思った。

 

まず、目覚まし時計代わりにしているiPhoneを、なるべく自分のところから遠くに置き、二度寝をしないようにする。

世の中では定番みたいなのだけど、私はけっこうな頻度で、iPhoneを枕元に置いておいて寝ていたために、二度寝して、家を出る時間ギリギリまで準備をして、電車に乗り遅れるみたいなことが多すぎた。

そのことをどうしてもやめたくて、スマホを(iPhone)自分から遠ざけて、ちゃんと身体を起こさないと、目覚ましの音が止められないようにした。

 

朝起きて散歩に行くという習慣をいちばん阻害?していた原因は「身なりをきちんとしてから外に出ないといけない」という、固定概念というんでしょうか、思い込みだったと強く感じた。

朝4時に起きて、とりあえず髪の毛をとかす。

これをするだけで、寝癖が若干なおる。

あとは、前日に用意しておいた服を着て、外に出るだけである。

顔を洗うとか、歯を磨くとか、その他もろもろは、散歩から帰ってきたあとにやればいいだけである。

てかね、朝4時に外に出てみると、ほぼ誰も歩いていない。

誰も歩いていないし、むしろ歩いていても、誰も自分のことを見ていない、のである。

なので、身なりを気にして外に出られないという思い込みは捨てて、朝散歩を楽しんだほうが良いと思った。

 

服について私は、そろそろボロぽくなってきたかなーというジーンズと、ユニクロのTシャツを着て散歩に行く。

ウォーキングウェアというんですかね、そういうのを揃えたり、そういうのを着て散歩しないとという強迫観念にかられるというのか、そういうところも、散歩をする習慣を阻害する原因なんじゃないかって思った。

散歩くらいなら、普段着で良いと思う。

ランニングする!という人は、ランニングウェアを揃えた方が良いと思うけど、ただの歩くだけの散歩なら、普段着で十分。

 

私の散歩コースは、近所の公園である。

Googleマップで、自分の家の周りを見てみると、意外と何個か公園があったり、家からこの道を歩いて戻ってくるだけでも、距離あるなあ~なんてわかるから便利である。

私も、Googleマップを見て、こんなことろに大きな公園があるのかあ~と知って、そこを散歩コースにすることに決めた。

 

とりあえず、これらの固定概念というか、偏見というかを捨てて、まずは外に出るということから始めた。

そして、朝散歩を数日続けて思ったことは、意外と昼間眠くならない、なんだか身体の調子が良い?みたいな気持ちになる、ということ。

当たり前なことだけど、朝4時に起きるので、寝る時間はだいたい夜10時くらいである(6時間か5時間は、睡眠時間を確保したい)

そうすると、夜ダラダラすることもなくなり、自分自身もう少しかもしれないけど、早起きが習慣化して、朝時間を有効活用できるようになるかもしれないと、期待はしている。

 

散歩をすることによって、朝4時に起きても、昼間なにも支障がない」ということは、強く感じた。

夜は、すぐ眠くなるけどね。

それに、朝の空気って、ものすんごく気持ちが良いし、メリットだらけである。

公園に咲いていたアジサイ。散歩をしていたら、満開なところを見られるかも

公園の花壇には、こんな花も