ねことメガネとアネモネと

生活の記録・メモ書きみたいなもんです。だいたい週末にまとめて更新しています。

手軽さから言えばiPhoneだけど、やっぱり一眼レフが良いと思ってしまう人

写真を撮るなら、iPhoneじゃなくて、やっぱり一眼レフだなって思う。

 

私がiPhoneを使い始めた頃から、iPhoneの画質は向上しているが、いざ撮ってきた写真を、iPhoneと一眼レフで比べたら、私は、一眼レフで撮った写真のほうが好きである。

結局、好き嫌いの問題になるのだけど、ブログに載せようと写真のサイズなどを変えてみたとき、自分の好みは、やはり一眼レフである。

iPhoneより一眼レフのほうが画質が良いなんて、当たり前の話なのだろうけど、持ち歩くときの手軽さ?というものを考えたときには、やっぱりiPhoneのほうが良い。

 

博物館で、展示品を写真を撮りたいと思ったとき、最初は手軽さからでiPhoneを利用して撮ってはいたが、やっぱりキレイに撮りたいと思って、一眼レフに切り替えた。

写ったものは、そんなに見た目なんて変わらんじゃんと思われる人もいるかもしれないが、私の感覚としては、一眼レフのほうが、写真の雰囲気?みたいなものが、iPhoneと一眼レフでは、全く違うのである。

 

しかし、登山をするときに一眼レフは重い。

いま持っている一眼レフから、ソニーのサイバーショットみたいなやつに買い替えようかなあ、なんて何度も思うけど、結局、いま持っているものは全然使えるし、もったいないと思って、そのまま使い続けている。

どこに出かけるのも、一眼レフは重い存在になりつつあるのである。

しかし、画質的なことからいって、iPhoneでは撮りたくないなあ、なんて思っちゃうところもある。

 

写真を整理していて、やっぱり一眼レフっていいなと思う。

人によっては、こんなのあまり変わらんじゃないか!なんてツッコまれることを承知だけど、なんかねえ、私個人としては、iPhoneの画質と変わらんじゃんと言われても、一眼レフのほうがいいなあと思っちゃうんだよねえ。

 

※松本市考古博物館の写真。

部屋の照明の光の当て方もあるかもしれないけど、雰囲気が好き