ねことメガネとアネモネと

生活の記録・メモ書きみたいなもんです。だいたい週末にまとめて更新しています。

飼い猫が寄り添った瞬間、自分って幸せなヤツなんだなと自覚した話

家でゴロゴロと、どこへも行かず、ダラダラを過ごしていたら、自分は幸せものなんだなと思った瞬間があった。

 

いままで、なぜ、この瞬間に気が付かなかったのか、はてなブログの純日記というタグのおかげなのか、改めて、自分って幸せなヤツなんだなと自覚した。

 

私は、日曜日と月曜日が、休日である。

趣味の博物館巡りや古墳巡り、相方と行く旅行、ひとり旅など、たまに出かけることも多いけど、家から一歩も出ない日もある。

今日は家からほぼ一歩も出ず(最寄りのスーパーへ買い物には出かけたけど)、YouTubeを見ながら、コーヒーを飲んでいたり、ブログを更新していたりしていた。

 

ふと、リビングへ行ってみると、我が家の猫「ウシ」くんが、ラグマットの上でゴロゴロしていた。

「こんなところでゴロゴロしてたんかい~」

なんて言いながら、ウシくんのところに近寄って、そばに座った。

すると、ウシくんは、私の足にピタっと寄り添ったまま、毛づくろいを始めた。

ウシくん、私の足にピタっと寄り添ってくれた

おお、どうしたんだ、ウシくんと思って、そのまま私もジッと動かず、彼を見守った。

毛づくろいが終わって、寝に入るウシくん

その瞬間、なんだかいま幸せだな・・・と、強く勝手に自分のアタマの中から、言葉と気持ちがわいてきた。

こんなちょっとしたことでも、幸せを感じる自分が、なんだか良いヤツだなって、頭おかしいヤツかもしれないけど、そう思った。

こちらは小梅ちゃん

そろそろ買い物に行こうと思って家を出た。

家からいちばん近いスーパーへ行く途中、公園を横切る。

そのとき、ツツジがキレイに咲いているなあと、公園で咲いているツツジを見たとき、猫と過ごしていたときと同じように、なんだか幸せ感がわいてきた。

公園に咲いていたツツジ

ツツジって、確か4月か5月あたりに咲く花だよなあ~なんて思いながら、ツツジの近くを歩いていた。

私は、一応、山登りが趣味と言っている人間。

自然を眺めて歩くのが好きで、そのときからか、近所の公園や道を歩いているときに、キレイな花だなあ~とか、畑にこういうもの植えているんだ~とか、とにかく目についた植物などを見ては、よく感動していることがある。

 

幸せって、やっぱり近くにあるもんなんですよ。

自分の目の前にとか、そことかあそことかにね。

そんなささいな?身近な幸せを感じられる自分が好きだなってたまに思う(気持ち悪い人か?)

もしや、それも幸せってヤツなのかいな?