ねことメガネとアネモネと

生活の記録・メモ書きみたいなもんです。だいたい週末にまとめて更新しています。

諏訪と松本の思い出(松本城観光)

相方と長野に旅行に来て、思い出した思い出がある。

 

私は、何十年か前に、友達3人と松本城に遊びに来たことがあった。

 

その頃、友達のひとりが結婚し、松本に住み始めたと聞きいて、じゃあ遊びに行くよ!と言い、車で友達に連れていってもらって観光したのが松本城だった。

 

松本城が先だったか諏訪湖が先だったか忘れたけど、諏訪湖も、友達の車で連れて行ってもらい、湖畔あたりを少し散歩した記憶がある。

そのときの天気は、どんよりとした曇り空。

松本城も、どんよりとした空の下、天守閣に登ったり、お城の周りを散策した記憶がある。

 

そして、松本城と諏訪湖以外の観光として、私たちは、星空が見たい!という願望?を叶えるために、山の上にあるロッジみたいなところに泊まりに行った。

しかし、その夜の天気予報は、台風が上陸し、上空を通過予報。

 

台風でロッジが壊れるだなんて、そんなやわなわけない、大丈夫だよ、だなんて、どこからくるのかわからん自信とともに、ミシミシガタガタと、強風の音とともに一夜を過ごした思い出がある。

 

今回の諏訪大社の旅行で、諏訪と松本を観光してきたわけだけど、そんなたくさんの思い出が、いろいろと蘇ってきた。

何十年か前の記憶だから、鮮明さはけっこう失われつつあるけど、でも、どの思い出も、記憶の片隅に、まだ残っている。

 

しかしその友達は、いまでいう旦那のパワハラと、旦那の浮気が原因で、確か1年ほどで離婚してしまった。

山の上で台風に遭うだなんて、そうそうないと思うし、友達の結婚生活は短かったが、旦那さんの手料理みたいなものも頂いて、これはこれで良い思い出になった。

 

そのような思い出を思い出しつつ見た松本城は、とても美しかった。

白く雪が残る山々と松本城

天気のせいかもしれないけど、こんなにお城って美しいものなのかと感動した。

天気のせいか、もしかしたら、歳のせいかもしれない(笑)

ほらよく、若いときに見たもの、経験などが、歳をとると違ったものに感じる、というじゃないか。

それなのかな?と思いつつ、私は松本城を散歩した。

白く残る山々

やっぱり長野県は、山々が美しい。

どこから見ても、アルプスっていいもんだなあ~と、お城と同様に感動していた。

賑わう松本城

修学旅行生もいて、コロナ禍でも、徐々に学校イベントが復活してきているんだなとも実感した。

松本城は良い、長野県は良いぞ君たち(誰??)

橋と松本城

このあと、天気予報通り、通り雨があったのだけど、松本城の周辺も、いろいろなお店があり、昔ながらの風景もあり、神社もありで、見どころはたくさんである。