ねことメガネとアネモネと

生活の記録・メモ書きみたいなもんです。だいたい週末にまとめて更新しています。

長年お世話になっていた美容師さんが、新たにお店を出すと聞いてまたお世話になる話

無駄に長いタイトルをつけたなあ~みたいな。

 

私は、相方と同棲すると決まって、いまの土地に引っ越しをしてきた。

それから、9年か10年になるかもしれない。

そのときからお世話になっている美容室がある。

 

引っ越してきた当時、そろそろ髪の毛が切りたいなと思い、家の近くに、いい美容室ないかな?とネットで調べていたら、家のほぼ隣のような、徒歩30秒で行ける距離に、小洒落た美容室があった。

 

オープンしてから1年間か、できたてホヤホヤの美容室だったと思う。

働いている方々の美容師さんたちが、けっこう若かったのを覚えている。

 

そのときから、私は、家の近所の美容室に通い始める。

途中、美容室が、家の最寄駅近くに移転するとなって、まあ、家の近くならいいかと、同じ美容室に、ずーっと通っていた。

施術してくれる担当の人もずっと同じ方。

だから、9年くらいか、長く長く私の髪の毛を整えてくれていた。

 

ある日、その方が、地元の駅近の美容室を退職して、違う場所で、新たに店を出すという。

チラシを貰ったけど、なんとなく素人目から見て、独立するんだ(オーナーって書いてあった気がする)と思い、なんだか、嬉しく思い、同時に、長年お世話になった気持ちから、寂しくもあった。

 

ずーっと同じ美容室、長年同じ担当の方に切ってもらったことなんて、私の40年ちょいの人生、そんなことないもの。

 

しかし、チラシに書いてある場所を見ると、仕事場の途中駅の駅前にお店がある。

担当してくれていた方も、今度からこちらでお店を出すので、ぜひ来てください、と言う。

チラシを見ながら、うむ、全く行くことができないっていう場所ではない。

また、いちから他の美容室で髪の毛を切ってもらうのもアレだし、行けなくもない場所だし、全然いける。

だからこの先も、お願いしようかなと思って、ホットペッパーで予約しようと料金を見てみると、え!?前の美容室の値段より500円値上がりするのか!と、つい声に出して言ってしまった。

 

だけど、私はよく考えた。

彼は、もしかしたら、自分のお店を出すのがずっと夢だったかもしれない。

こんな田舎の美容室(失礼すぎ)から、多少都会の場所(千葉の都会)でお店を出すんだから、賃料やらいろいろかかるのは当然。

それよりも、夢が叶った彼に、いつもカットのみしか予約しない私だけど、応援したい、めんどくさいのがあるから、同じ人にやってもらいたい、高い、安いとか言って、ケチケチしている場合か!と自分を叱った。

 

そして、初めての予約当日。

ただの前髪カットだけだったが、いつも通りに気さくに対応してくれた。

髪の毛を切ってもらっているとき、長年の思い出話みたいなのを話していた。

私は(やっぱりなあ~、自分、9年ほど通っているんだなあ~)と実感した。

そして、お会計のときに、そろそろスタイリング剤がなくなってきたから、それもついでにと思って聞いてみたら、

美容師さん「オープンして日が浅いもので、まだスタイリング剤などの商品が来てないんですよ」

私「え?ああ~そうですよね~!まだオープンして6日目ですものね~アハハ」

なので、スタイリング剤は、次回またお願いするときまでに、持ち越しとなった。

 

やっぱりさ、自分のお店を持つことは、すごいことだと思うし、自分にはこの先、このような夢を実現する能力ってつけられるのかな?って、なんか、いろいろ思うことがあって帰った、前髪カットの日だった。