ねことメガネとアネモネと

生活の記録・メモ書きみたいなもんです。だいたい週末にまとめて更新しています。

公園に咲いていたソメイヨシノを眺める

群馬県には、綿貫古墳群という古墳群がある。

その古墳群の副葬品を展示している「群馬県立歴史博物館」に行ってきた。

公園の中にある群馬県立歴史博物館、博物館に行く前に、公園内を散歩していた。

 

桜といえば「ソメイヨシノ」ではないだろうか。

桜にも、いろいろな品種があるのと思うのだけど、みなが言う「桜」といえば、ソメイヨシノのことを言っているんだと思う。

ソメイヨシノという桜を意識して言っているかどうかは別として、たぶん、みなが思う桜って、ソメイヨシノなのではないかと思う。

f:id:cosami1215:20220404141622j:plain

f:id:cosami1215:20220404141649j:plain

ソメイヨシノ

f:id:cosami1215:20220404141830j:plain

桜が咲いているところがキレイと眺めることがあるけど、桜が散っているところを眺めるのもまた良い。

f:id:cosami1215:20220404142143j:plain

ベンチに桜の花びらが落ちている

f:id:cosami1215:20220404142723j:plain

葉に落ちている桜の花びら

この日の天気は、雨が降ったり止んだり。

家から出たときには、雨は降っていて、博物館に着いたときには、雨は止んでいた。

けど、見学を終えて、博物館から出てきたときには、けっこう雨が降っていた。

「雨に濡れる桜もいいなあ~」なんて思いながら、ひとつのソメイヨシノの周りで写真を撮っていた。

f:id:cosami1215:20220404144126j:plain

草木の上に落ちている桜の花

雨のせいで、公園で花見をしていた人たちは、車に乗って帰ってしまったが、誰もいない公園の中、ひとりで写真を撮っていた(けど、雨の中、ソメイヨシノの下で、簡易テントの中で、遊ぶ家族が一組いたが・・・)

 

2022年の春、私の花見は、これで最後かなあ。

あとは、通勤途中などで眺める、散りゆく桜だろうと思う。