ねことメガネとアネモネと

生活の記録・メモ書きみたいなもんです。だいたい週末にまとめて更新しています。

手放す気持ち、小銭もどんどん手放していったほうがいいと決めた

キャッシュレス決済が主流?になっていっている世の中、私は、まだまだ現金で支払いをすることが多い。

他の方はどうなのかしらないけど(友達とか)、現金で支払いをするたびに、ピッタリとお金を出し続けていければいいのだけど、やっぱり「お釣り」が発生することが多い。

先日の大きな地震で、公衆電話のことを扱っていたテレビの放送が流れていて、確かになあ、100円や10円は、ちょこちょこ残しておいたほうがいいかも、と感じた。

すると、残りの小銭、1円や5円は、どう使っていこうかと悩む。

まだまだ現金で支払いすることが多いといえども、ほぼ日常の買い物は、キャッシュレス決済で済ませている。

 

財布の中身を確認したら、1円玉数枚、5円玉1枚、入っていた。

それらをとりあえず、財布から取り出し、先日購入した笠間焼のおまけでついてきた小皿に入れてみた。

小皿に入れてみたところで、どうにもならないのだけれども、私は小銭をじーっと見つめ、この小銭たちをどうしようか、ない頭で考えてみた。

 

私は、貯まった小銭を、ゆうちょ銀行に持って行き、ATMで入金し、貯金ではないけれども、あまり使い道がないであろう小銭を貯めていた。

しかしつい最近、ゆうちょ銀行が、どでかい改訂?をした。

ATM、窓口にて、小銭でも手数料を取ります!」と。

私がいままで生きてきた人生の中で、ゆうちょ銀行は、いつどこでATMを利用しても、手数料なんか取ったことがなかったのに、その改訂?は、私のゆうちょ銀行人生の中で、史上最大の驚きと失望だった。

 

ATMで小銭を入金しようとすると、25枚まで手数料110円、26枚から50枚までは200円と、枚数が増えるごとに、手数料も増える。

いま手元に、5円玉2枚、1円玉5枚と、15円分の小銭がある。

これを普通に、ゆうちょ銀行のATMで小銭入金をしようとしたら、15円に対して110円の手数料がかかる、ということ??になる。

んな、アホな。

ちなみに、窓口へ持っていけば、50枚まで無料である。

しかし、100枚になると、窓口では、550円もの手数料が発生する。

おいおい、ほとんど、ゆうちょ銀行にお金をあげちゃうもんやんか(私、大阪の人じゃないけど)

 

なるべく、小銭が発生しないように生活をするようにしないと(キャッシュレス決済を私の中で確立させなければならない)いけない。

もし仮に、小銭が出てきちゃったら、神社やお寺のお賽銭にするか、コンビニなどに置いてある寄付箱に、どんどん寄付していこうと思う。

f:id:cosami1215:20220327125649j:plain

小銭は寄付していこうと思います