ねことメガネとアネモネと

生活の記録・メモ書きみたいなもんです。

旭山記念公園へシマエナガに会いに行く

今年から野鳥にハマりだした私。

ハマり出したきっかけは、姪っ子が教えてくれた「シマエナガ」という、ふわふわでかわいい鳥を教えてくれたこと。

そのシマエナガは、エナガの亜種であり、北海道にしか生息していない鳥なのである。

事前にネットで、シマエナガはどこにいるのか検索していたら、札幌市にある『旭山記念公園』で目撃情報があると、旭山記念公園の公式サイトに掲載されていた。

www.sapporo-park.or.jp

 

友達の車で、旭山記念公園の駐車場に到着。

この日、太陽も出ていて、そんな寒くはなかった。

f:id:cosami1215:20220207213414j:plain

旭山記念公園の駐車場

旭山記念公園は、藻岩山へ行く登山口があることでも有名で、駐車場には、藻岩山へ登山しに行く人たちの車も多い。

私たちも数年前、ここから藻岩山へ登ったことがある(途中で断念したけど)

断念した理由は、確か、ハナタレナックスを観るためだった気がする。

あと、旭山記念公園へ犬の散歩へ来る人もいるので、駐車場は常に満車に近い状態である。

レストハウスは、冬季の間、休業。

f:id:cosami1215:20220207213533j:plain

旭山記念公園レストハウス

f:id:cosami1215:20220207213613j:plain

旭山記念公園の地図

とりあえず、展望台みたいなところに行ってみる。

関東人から見たら、雪の中の景色は、すごく感動する。

f:id:cosami1215:20220207213652j:plain

雪の中の景色

札幌の街並みがよく見える。

f:id:cosami1215:20220207213816j:plain

雪の中の景色

では、会えるかどうかわからないけど、シマエナガ探しに出かけます。

バズーカ砲のようなレンズを装着したカメラマンの方がかなり多くいた。

私の手には、アマゾンで先日購入した双眼鏡がひとつ。

双眼鏡なんか使ったことがないから、ここで少し練習もかねて、1羽くらい野鳥をとらえたい。

f:id:cosami1215:20220207214007j:plain

こういう木の枝のところにいるのかなあ~

とにかく天気が良くて、シマエナガ探しというか、公園散歩と化していた。

鳥の鳴き声は、常時しているんだけど、鳥がどこにいるのかわからない。

f:id:cosami1215:20220207214659j:plain

鳥をもとめた歩く人

森の家というところに来たとき、ちょうど木の枝に鳥が止まっているのが見えた。

私は、双眼鏡を構え、目の前にいる野鳥を、とらえることができた。

やったー!初の野鳥観察に成功したぞ!

見た野鳥はシマエナガではなかったけど、目の前に見える大きな野鳥に、ものすごく感動した。

野鳥の動きや外見など、とてもかわいかった。

f:id:cosami1215:20220207215017j:plain

森の家、中に入ることができるようです

ちなみに、旭山記念公園では、ヒグマの目撃情報が相次いでいるようだ。

旭山記念公園や藻岩山へ行かれる方は、クマよけの鈴などを持って行くようにと、公園のサイトでは、注意書きがされている。

 

バズーカ砲のようなレンズを持ったおじさんたちは、シマエナガを目撃したようだった。

来年こそは、シマエナガをこの目でとらえたい。