ねことメガネとアネモネと

雑記ブログ、日常の備忘録

【千葉・海鮮丼】香取市にある『魚平食堂(佐原)』へ海鮮丼を食べに行く

先日相方が、こちらの雑誌を買ってきた。

千葉県にある「おいしい魚のお店」を紹介している本。

千葉県は、外房、内房と海に囲まれ、多くの漁港がある県で、有名なところで言えば、金谷港(the fish海鮮浜焼き まるはま、いつかは行ってみたい、さすけ食堂(黄金のアジフライ定食が有名)である。

いま紹介したお店も、「おいしい魚の店(千葉県版)」に掲載されている。

(もっともっと有名なのは、保田漁港協のばんや、ではないでしょうか)

 

香取市にある「魚平食堂」に行く

金曜日、お互いの休みが合ったので、この雑誌に掲載されている「魚平食堂」に行こうと決まった。

f:id:cosami1215:20211015193617j:plain

おいしい魚の店・千葉版

f:id:cosami1215:20211015193649j:plain

この海鮮丼を求めて行きましたよ

f:id:cosami1215:20211015193720j:plain

魚平食堂の記事

tabelog.com

私の住んでいる家から、高速道路(東関東自動車道)を利用して約50キロちょい。

降りたインターチェンジは「佐原・香取I.C.」。

そこから何キロか走って行くと、左側に約8台ほど停まれる砂利の駐車場があり、道路を挟んで、反対側に「魚平食堂」のお店がある。

 

私たちは、11時半ごろ魚平食堂の駐車場に着いたのだけど、1台、先客があった。

「よかったね~」なんて言いつつ、車を停める。

すると、次々に3台ほど車が駐車場に入ってきた。

食堂の開店前なので、みな車内で待機していたのだが、そのうちの1台から、おばさんふたりが降りて、お店の方へと向かう姿が見えた。

すると、おばさんたちがまた車のところへ帰ってきて、駐車場から出て行ってしまった。

ここで気が付くべきだった・・・

あれ?おかしいなとは見ていたけど、まさかこんな事態になっていたとは。

 

開店10分前になったので、お店のほうへ行ってみると・・・

f:id:cosami1215:20211015183637j:plain

え??まさかの休業!?

まぢか!?ここまで来たのにしかも開店前で待っていたのに、本日休業だなんて!!

4台くらい、駐車場でお店の開店を待っていた車があったけど、この休業しますの張り紙を見て、みなガッカリ肩を落として帰っていったね。

相方は、ネットで休業じゃないかどうか調べてきたんだけどね~なんて言っていたけど、今日の休業は、急な休業だったのかもしれない。

ちなみに、お店の外観はこのような感じ。

f:id:cosami1215:20211015183953j:plain

魚平食堂の外観

とりあえず、ここまで来て、帰るにも帰れないので、急遽、銚子まで行って、海鮮丼を食べて帰ることにした。

 

香取市から銚子まで、約30キロ。

相方が調べてくれたお店に向かうのだが・・・銚子でも、ぬあんと、お店がお休みという、こんな日もあるのか!?というくらい、撃沈続きだった。

車をノロノロと走らせていると、客引きをしているおじさんがいた。

「なんかもう、そこのお店でいいよ」と、車を漁港近くにある「観光客専用」の駐車場に車を停めて、客引きをしていたおじさんのところへと行った。

 

銚子にある「鮪蔵」へ行く

お店の名前は「鮪蔵(まぐろぐら)」。

www.magurogura.com

f:id:cosami1215:20211015185602j:plain

銚子漁港・鮪蔵

外にメニューが並んでいたのを見てみると(たっかっ!観光地価格じゃないの?)と、ちょっと思わせる値段だった。

f:id:cosami1215:20211015185758j:plain

外にメニュー看板がある

お腹も限界だったので、とりあえずお店に入る。

店内は、まず靴を脱いで下駄箱に入れる、そして、カウンター席とボックス席が両端にあった。

f:id:cosami1215:20211015185919j:plain

ボックス席、反対側にカウンター席

店内は、なんだか、お酒を提供するバーのような雰囲気だった。

f:id:cosami1215:20211015185955j:plain

目の前にグラスが並んでいてバーカウンターのよう

メニューは、冊子ではなく、一枚一枚、個別に書いてあるメニュー。

どれにしようかな~なんて見ていると、海鮮丼、お刺身定食、単品メニュー、緊急事態宣言が終わったので、お酒の提供もしているようだった。

 

私は、1700円の「銚子丼(汁付き)」を注文したのだが、売り切れと言われる。

(まさか・・・丼ものの中でもいちばん安い銚子丼を売り切れにさせて、他の丼を注文させる狙いか・・・)なんて心の奥底で思っていたが、やっぱり他のお客さんも同じで、みな最初に銚子丼を注文する。

しかし、店員さんから、売り切れの言葉を聞くと、そうなんですか・・・とみな落胆する。

 

まあ、売り切れなのはしょうがないので「銚子海鮮丼(2600円)」を注文した。

f:id:cosami1215:20211015190514j:plain

銚子海鮮丼

銚子海鮮丼には、なめろうがのっていて、私はそのなめろうが気がかりだった。

(ショウガの味が濃かったらどうしよう)なんて心配していが、全くそんなことはなく、めちゃくちゃ美味い。

それぞれのネタも、生臭い感じは全くなく(スーパーのお刺身のイメージが強くてすみません)、ネタもそれなりに分厚くて美味い。

f:id:cosami1215:20211015190749j:plain

銚子海鮮丼のアップ

f:id:cosami1215:20211015190807j:plain

左側

f:id:cosami1215:20211015190819j:plain

右側

f:id:cosami1215:20211015190834j:plain

お箸

ご飯は、硬めのすし飯で、これまた海鮮のネタと合う。

相方は、ふんふん言いながら、あっという間に食べきってしまい、私も、テンポよく、キレイに完食してしまった(お腹がかなり空いていたせいもあったけど)

お店の近くに、駐車場(観光客専用の駐車場)があるせいか、ぞくぞくとお客さんがお店に入ってくる。

 

食べ終わったので、そそくさとお店を出て、銚子を後にした。

f:id:cosami1215:20211015191406j:plain

ここの右側と奥に駐車場がある

お腹も満たされたので、相方が行きたいと言っていた酒屋に行くことにした。

行った酒屋については、また別な記事で書こうと思います。