【山形旅行・3日目】ついに出羽三山制覇!湯殿山へ行く、そして山形駅で焼肉からの帰路に着く

山形旅行も3日目。

ついに・・・出羽三山最後の神社「湯殿山」へ行ってきました。

その前に、月山を下山したあと、「月山志津温泉 変若水の湯 つたや」さんに、お世話になりました。

f:id:cosami1215:20210823180022j:plain

月山志津温泉 変若水の湯 つたや

お部屋もとても快適で、お料理もとても美味しくて、温泉も、ものすごく良いお湯で、私たちは、かなり満足しました。

旅館で夕飯をいただいているとき、旅館のオーナーさんから、朝5時から湯殿山に行くツアーを開催するけど行く?(こんな軽いノリじゃなかったけど笑)と言われたので、私たちは、もちろん!行きます!と即答しました。

ひとり3000円でしたが、祈祷みたいなもの?(住所を読み上げてくれる)や、人もあまりいない静かな湯殿山を堪能できたので、3000円は、個人的にはとても安く湯殿山を堪能できたと思います。

 

山形旅行・3日目の朝、朝5時に旅館のフロントに集合して、みなでマイクロバスに乗って、湯殿山まで連れて行ってくれました。

マイクロバスに乗る前に、白装束に着替えました(洋服に羽織るだけだったけど)

最初、旅館のロビーにいるときに、この白装束はなんだろうと思っていましたが、このときに使うものなんだと、納得しました。

 

普通に湯殿山に行こうとすると、一般道と有料道路を利用し、大きい鳥居の前で、自家用車からバスに乗り換えて、湯殿山神社の入り口にと行きます。

鳥居からバスを利用しないで、徒歩で行こうと思えば行けるのですが、ずっと坂道を登らなければならないので、ちょっと辛いかもしれません。

 

旅館のオーナーさんのマイクロバスで、湯殿山神社の入り口に着きました。

f:id:cosami1215:20210823181153j:plain

白装束を着た人たちが湯殿山神社を目指す

朝6時くらいなので、神社の雰囲気がすごい・・・

まず階段などを登ったり下ったりして、湯殿山神社の入り口まで行きます。

そして・・・

1.靴を靴下を脱ぎ、素足になります。

2.月山と同じように、自分の身体をまず清めます。

3.清めたら、ご神体と対面し、お湯が沸き出るご神体を登ります。

湯殿山神社は、このような感じで参拝します(多くを語ってしまった・・・)

湯殿山神社のご神体は、本当にマジで凄すぎます。

私が生きてきて、こんなもの(失礼)見たことない!みたいな気持ちになって、けっこうな時間、ご神体をマジマジと見ていました。

これは、ぜひ湯殿山神社に行って、生で見てもらいたいと思います。

 

参拝が終わった後、マイクロバスが停車しているところまで戻りました。

f:id:cosami1215:20210823181842j:plain

湯殿山からの眺め

戻ってきたとき、湯殿山神社の方を見えると、きれいな朝日が見えました。

f:id:cosami1215:20210823182038j:plain

朝日がキレイな湯殿山

これで、出羽三山制覇しました!!

このきれいな朝日を見ていたとき、なんだか心が洗われたような気がしました。

3日間、とても充実した日を過ごした気がします、というかしました。

羽黒山の石段、月山の登山は、普段から登山しているといえども、やはり修験者の道、自分的に修行ができたと思います。

とても良かったです!出羽三山神社巡り、みなにお勧めしたい気持ちになりました。

 

湯殿山から旅館に戻ってきたあと、朝風呂を堪能し、朝食も美味しくいただき、山形駅を目指すため、旅館をあとにしました。

そして、山形駅に着いたあと、レンタカーを返却し、お土産と最後の贅沢、焼肉を食べて、東京駅へ帰りました。

f:id:cosami1215:20210823182607j:plain

山形駅で食べた焼肉

f:id:cosami1215:20210823182653j:plain

焼肉ジュージュー

今回の旅も、100点満点でした。

山形県は、ご飯は美味しい、観光するところたくさん、相方も言っていましたが、食べ物が美味しいということは、その旅行はすでに100点を取っている、というくらい、食べ物は重要だと思います。

 

家に帰ってきたとき、猫たちは元気にしていましたが、猫トイレが悲惨なことに・・・

それは、承知の上でしたけどね。

今度は、古墳の旅なんかしてみたいな。

 

旅行の様子をYouTubeで配信しています。

山形旅行・1日目

youtu.be

山形旅行・2日目と3日目

youtu.be