ねことメガネとアネモネと

古代史とお出かけと日常の備忘録

霧ヶ峰ハイキング・ニッコウキスゲ満開でした【車山・蝶々深山】

どこかに山登り、またはハイキングに行きたいな~なんて思っていた。

東京都にまた緊急事態宣言が出されて、しかも東京オリンピック。

このふたつのせいで?出かけるのにハードルができた。

けど、そんなのお構いなしで、出かけよう!と思い立ち、どこにしようか悩んだ結果「霧ヶ峰ハイキング」にした。

霧ヶ峰へは、友達と2015年に一度行ったときがあった。

どこから6年(月日が経つの早い・・・)ひとりでもう1度、霧ヶ峰ハイキングに行くのだった。

 

家を5時に出て、中央自動車「諏訪I.C.」を目指すのであった。

霧ヶ峰ハイキングの工程は「車山肩→車山山頂→車山乗越→蝶々深山→車山肩」という、だいたい2時間半くらいのハイキングだった。

車山肩から登るため、チャプリンというお食事処の駐車場を目指した。

霧ヶ峰を走る「ヴィーナスライン」という道路があるんだけど、そこまで行くのに、ものすんごい傾斜のある集落(斜度15%もある)を通る必要がある。

(そこを通らないで行けるルートもあるけど)

私のホンダのライフのエンジンが常に唸っていて、可哀そうだな・・・と思いつつ、霧ヶ峰を目指した。

 

チャプリンに着いたのが10時頃。

出遅れたーー!!と思って、車を駐車できるところを探し、なんとかライフちんを駐車場に停めることができた(道路の反対側には、有料1000円で停められる駐車場がある)

車から出ると「風がめちゃくちゃ涼しい!!!」とついつい独り言を言ってしまったほど、風が涼しい。

そりゃあもちろん、エアコンの名前になっているほどの霧ヶ峰。

本当に、風がめちゃくちゃ気持ちい場所である。

 

では、靴を登山用に変えて、車山山頂を目指す。

f:id:cosami1215:20210727100325j:plain

車山肩から車山山頂を目指す

ほとんど辛い傾斜の登山道がないので、まあ、登山装備でなくとも、車山山頂を目指すことができる。

7月の季節、ニッコウキスゲの時期のようで、たくさん咲いていた。

f:id:cosami1215:20210727100451j:plain

ニッコウキスゲ

f:id:cosami1215:20210727100507j:plain

日差しはけっこう強かったけど、風がすごく気持ち良くて、暑い日差しを和らげてくれていた。

f:id:cosami1215:20210727102616j:plain

右側に見えるのがチャプリン

f:id:cosami1215:20210727102701j:plain

黄色いところはニッコウキスゲ

景色が良すぎて、常に写真を撮っている私。

f:id:cosami1215:20210727103053j:plain

f:id:cosami1215:20210727103123j:plain

バランス良く置いてある石

f:id:cosami1215:20210727103145j:plain

霧ヶ峰から見える周りの山々

車山山頂は、車山肩から約50分ほど。

f:id:cosami1215:20210727103216j:plain

車山山頂を目指す

左側に見える白い建物は、車山山頂にある気象レーダー。

f:id:cosami1215:20210727103256j:plain

雲と空と緑のコントラストが良すぎる

f:id:cosami1215:20210727103443j:plain

f:id:cosami1215:20210727103458j:plain

八ヶ岳???

車山肩から50分くらい、車山山頂に到着。

道の起伏もそんななく、石はゴロゴロしているけど、登りやすい登山道。

f:id:cosami1215:20210727103529j:plain

f:id:cosami1215:20210727103641j:plain

f:id:cosami1215:20210727111131j:plain

f:id:cosami1215:20210727123701j:plain

白樺湖が見える

山登りで来た人以外は、たいてい、リフトに乗って山頂に来るか、途中から山を登って山頂を目指す人、それぞれいた。

f:id:cosami1215:20210727123733j:plain

車山山頂へはリフトに乗ってでも行ける

車山山頂を後にして、蝶々深山を目指します。

f:id:cosami1215:20210727123857j:plain

蝶々深山は、車山と同じく、そんなに斜度がない山。

登山が初めてという人にとっては、ちょっと苦しい登山になるかもだけど、そんなに辛いところはないです。

f:id:cosami1215:20210727134014j:plain

後ろを振り向くと、気象レーダーが見える

f:id:cosami1215:20210727134104j:plain

分岐

道の上が、蝶々深山の頂上。

f:id:cosami1215:20210727134123j:plain

蝶々深山へ行く登山道

f:id:cosami1215:20210727134202j:plain

f:id:cosami1215:20210727134252j:plain

雲を空が良い

f:id:cosami1215:20210727134312j:plain

帰りはあそこに戻る

f:id:cosami1215:20210727134332j:plain

気象レーダーが小さく見える

蝶々深山の頂上も、360度景色が良い。

f:id:cosami1215:20210727134407j:plain

すぐ蝶々深山の頂上

f:id:cosami1215:20210727134448j:plain

蝶々深山の先に、八島ヶ原湿原がある

もっと時間があれば、八島ヶ原湿原まで歩いて、霧ヶ峰を周遊してきたいと思う。

f:id:cosami1215:20210727134616j:plain

八島ヶ原湿原が見える

蝶々深山を下山して、車山肩を目指す。

f:id:cosami1215:20210727134850j:plain

蝶々深山を下山して、車山肩を目指す

f:id:cosami1215:20210727134938j:plain

振り返ると蝶々深山が見える

無事に、車山肩まで戻り、チャプリンのソフトクリームを食べました。

f:id:cosami1215:20210727135017j:plain

ソフトクリームを食べている間、だんだん霧ヶ峰の風も強くなってきて、暑い気温のはずなのに、ソフトクリームを食べているせいか、だんだん寒くなってきた。

とっても美味しかったソフトクリーム。

 

霧ヶ峰は、毎年来て、ハイキングがしたいと思った。

今度は、どこかのキャンプ場でテントを張ってから、霧ヶ峰ハイキングがしたいなと思いました。

霧ヶ峰、とても人気の場所なんで、平日でも混むのを覚悟して行ったほうがいいと思う。

 

霧ヶ峰高原の様子を、YouTubeで配信しています。

youtu.be