ねことメガネとアネモネと

古代史とお出かけと日常の備忘録

千葉県館山市にあるお寿司屋さん「白浜屋本店」へ行く

美味しいお寿司でも食べに行きたいねと、相方と話をしていたら、じゃあ、館山にある「白浜屋本店」に行くかということに決まり、朝8時半ごろ家を出て館山にむかった。

日曜日だし、高速道路とか混んでるかな~なんて思っていたけど、意外とスムーズに館山について、ちょっと驚いた笑

家からだいたい2時間くらいで着いてしまった。

駐車場があるのだけど、ちょっとわかりにくい場所にあり、お店の前にあるホワイトボードに駐車場の場所が書いてある。

f:id:cosami1215:20210606230415p:plain

白浜屋本店の出すお寿司の特徴は、お稲荷さんのように、シャリとネタが大きいことである。

店内は、お座敷とカウンターがあるんだけど、中はこぢんまりとして静か。

このご時世なんで、食事中の会話はお控えくださいとのことである。

 

開店時間11時前に着いてしまったが、快く店内へと案内してもらった。

f:id:cosami1215:20210606230539j:plain地魚寿司(1980円だったかな)を注文。

だいたい、そのお寿司しか注文しない。

あと、地魚寿司ランチもある(1540円)

注文すると、サービスですとお通しみたいなのが出てくる。

前回は、確かな菜の花のおひたしだったような記憶が。

f:id:cosami1215:20210606230624j:plain

お寿司のネタのお品書きみたいなものがもらえる。

f:id:cosami1215:20210606230855j:plain

こちらが注文した「地魚寿司」である。

お寿司の大きさが、普通?のお寿司よりも大きいのがわかる。

f:id:cosami1215:20210606230919j:plain

地魚寿司を注文すると、ちゃんと「お寿司が大きいんですけど、大丈夫ですか?」みたいなことを聞かれる。
私たちはいつも大丈夫ですと答えているから、たぶん普通サイズにもしてくれるのではないか?とも思う。

 

食べてて気が付いたのが、アジのネタである。

なんと、2枚重ねになっていたではないか、ちょっとありがたかった。

f:id:cosami1215:20210606231103j:plain

お味噌汁も出てくるので、もうお腹は満腹。

お寿司を食べ終わったあと、冨浦の枇杷倶楽部へ行って、枇杷ソフトでも食べようかと車を走らせて行ってみたけど、まあ・・・日曜日だけあって、満車でした。

なので、ソフトクリームは諦めましたとさ・・・

>>房州館山「白浜屋」本店