【東京スカイツリー】ソラマチにある「ぴょんぴょん舎」で初・盛岡冷麺を食べに行く

5月9日は、母の日。

東京都には、緊急事態宣言が発令されていて、大規模商業施設が休業していたため、母親と一緒に母の日もかねて、外で食事をすることができなかった。

緊急事態宣言が少し緩和された昨日、16日、東京スカイツリーのソラマチにある「ぴょんぴょん舎」に盛岡冷麺を食べに行った。

 

最初は、インドカレーが食べたいなと思って、スカイツリーのエレベーター近くにある、案内看板を見ながら、ふたりで話していたけど、レストランフロアに着いて、ぶらぶら歩いていたら、インドカレーよりも、盛岡冷麵を食べてみない?みたいな話になった。

 

そこで、入ったお店が「焼肉・冷麺 ぴょんぴょん舎」である。

「盛岡冷麺なんか食べたことないな~」と、盛岡冷麵、冷麺自体初めてな私である。

店内に入る前に、椅子に座りながら待っている間、盛岡冷麵について、ネットでサラッと検索してみた。

冷麺と聞くと、すぐに思い付くのが「韓国の冷麺」である。

私の中の冷麺って、まず韓国の冷麺、麺がものすごく長くて塊で、食べる前に、お店の人がハサミでチョキチョキと切ってから食べるというイメージしかない。

盛岡冷麵も、そんな感じの麺料理なのかな・・・なんていう、勝手なイメージをしていた。

 

渡されたメニュー表を見ると、すごい麺が太いけど、めっちゃ透き通っている。

しかも、歯ごたえがありそうな予感。

不思議な見た目だけど、美味しそうだな(すきっ腹マックス)

 

店内に案内されて、あらかじめ決めていた料理を注文する。

私と母親が注文したものは「盛岡冷麵とチヂミのセット(サラダ付き)」。

私は、冷麺の中に入っているキムチを別皿でもらう「別辛」というもので注文した。

結局、冷麺を食べる前に、キムチを入れてしまったが(キムチの汁は入れなかった)、これくらいの辛さなら食べられるし、美味い!!!!と感動した。

 

まずは、冷たいスープを一口飲んでみたけど、すごく美味い。

次に麺はどうかなと思い食べてにたら、麺がツルツルでコシがあって、これも美味い!

いや~どうしよう、盛岡冷麵美味いじゃん!と、ちょっと盛岡に遠征しに行きたくなった。

f:id:cosami1215:20210517125544j:plain

東京スカイツリーソラマチにある「ぴょんぴょん舎」

f:id:cosami1215:20210517125721j:plain

盛岡冷麺とチヂミセット

f:id:cosami1215:20210517125742j:plain

冷麺の中に、スイカが入っているらしい

f:id:cosami1215:20210517125805j:plain

別辛なので、キムチは別皿

いやはや、どうしよう。

ぴょんぴょん舎にハマりそうだし、盛岡冷麵にもハマりそうである。

ブログを書きながら、写真を見ていたら、今も食べたくなってきた笑