桜を見に行かなかったことに後悔している(自粛で変に気持ちが小さくなる)

最近、Voicyを聞きながら、通勤している。

いつも観ているYouTuberの人が、Voicyを始めたのを知って、ちょっと聞いてみようと思ったのがきっかけだった。

 

その人が、良い気候になってきた、天気も良いし、外に出て花見に出かけようと思って・・・うんたらかんたらと、話しているのを聞いていて、自分もやっぱり花見に出かければ良かったな・・・と電車の中で後悔の気持ちになっていた。

 

連日?じゃないと思うけど、朝のワイドナショーで、桜の名所に取材班が出かけては、入っていてはいけない場所で、宴会、花見をしている人を撮影し、いろいろマナーが悪い人が多くいる、なんて放送しているが、そういう人がいるだけであって、マナーを守って花見をしている人もいるわけだが、なんとなく自分の気持ちとしては、外出はまだしてはいけない、的なイメージが伝わってくる感じもする。

 

そういう風に、受け取ってしまう人は私以外にもいるとは思うけど、けど、けどね、コロナ禍に慣れきってしまっている自分もいれば、テレビに影響されて、外出どうしようかな~なんて、思ってしまう自分もいる。

 

うまく言葉にできないでいるけど、変な葛藤みたいなのがあったりするわけで、そこらへんモヤモヤと思っていたら、家の近所を流れる川沿いにある桜たちが、いつの間にか葉桜になっていた。

 

理由はそこだけじゃなく、2月から節約生活というか、お金のリセットをするために、無駄なものを買わない、物欲を減らすなどなど実践している生活をしているせいか、近所はの散歩なども、変に自粛の対象になってしまっていたなと思う。

 

いや、きっとね、事情は違えども、コロナ禍だから、仕事がなくお金もないからだとか、直接の事情は違えども、外出したいけど、どうしてもしてはいけないという気持ち的な押さえつけ?みたいなのに、なっている人もいるんだと思う。

 

私もそうだけど、個人個人でどうやって、コロナ禍でのリフレッシュ方法を見つけていくのかというのは大事になんだと思うのと同時に、もうね、コロナでの我慢の限界もあるし、外部からの影響をちょっと間に受けて、そんで自分で自分を抑え込んで、結局後悔した、こんなことこれからは、しないようにしようと決めた。

 

気持ちを書くって難しいけど、最近の自分のブログはこういうのが多い。

ああ~、桜を見に、散歩に出かければ良かった、アホだったな私。