お湯を沸かしたいからってケトルの連続使用をやめた

休みの日に、よくコーヒーやお茶を飲む。

コーヒーやお茶が飲みたいなと思うたびに、ケトルを使ってお湯を沸かしていた。

ケトルって意外と使う電気を食うことを知っていたのだけど、すぐお湯が沸くという便利さゆえ、頻繁に利用していた。

 

ある日、相方から「今月の電気代がやばい」と聞かされて、節約せねばなるまいという話になり、エアコンからいろいろ、無駄に使用していない電気はないかと見直すことになった。

休日、連続してケトルを使う自分を思い、ケトルを使わないでお湯を沸かす方法はないものかと思ったところ、先にヤカンでお湯を沸かし、それをサーモスの水筒に入れて、コーヒーやお茶が飲みたくなったら、サーモスからお湯を注ぎ、飲み物を飲むということに切り替えた。

f:id:cosami1215:20210226164714j:plain

サーモスの水筒は、時間が経っても、お湯の温度はさほど変わらない。

というか、そんな気になるほど温度が下がるっていうほどでもない。

 

仮にお湯がなくなったなら、またヤカンでお湯を沸かして、サーモスの水筒にまた淹れればいいだけである。