ねことメガネとアネモネと

古代史とお出かけと日常の備忘録

千葉市若葉区にある特別史跡「加曽利貝塚」に行く(加曽利貝塚博物館編)

12月26日、千葉県千葉市若葉区にある日本最大級の貝塚『加曽利貝塚』に行ってきた。

北貝塚と南貝塚にわかれている加曽利貝塚。

azu-simple-diary.hatenablog.com

北貝塚を見学し終わったあと、博物館に行った。

加曽利貝塚縄文遺跡公園内にある博物館は、入場無料。

な・・・日本最大級の貝塚があるというのに、博物館は無料なんだ・・・!

と、驚きだったが、博物館の建物は昭和時代に建てられたものらしく、建物自体にも歴史を感じるところだった。

博物館の入り口

博物館の入り口

この写真に親子方々が写ってらっしゃるが、博物館の中を見学したことがあるのかないのか、入り口にある自動販売機で飲み物を買ってから、立ち去ってしまった。

博物館は無料だからか、地元密着の博物館だからいつでも入れるしなのか、博物館があるのが日常なのか、まあ、貝塚や古代史に興味がない人はない、ということで、ひとりワクワクしているアラフォーの女ひとりだけが、この博物館の中に入っていったのである。

左側にある水飲み場は、縄文土器の形という面白い形だった。

その奥がトイレである。

水飲み場は縄文土器型

水飲み場は縄文土器型

ちなみに、この水飲み場の土器は、博物館のマスコット「かそりーぬ」の頭の上にもある。

この土器は、縄文時代中期の土器で「加曽利E式」の深鉢土器である。

博物館のマスコットかそりーぬ

博物館のマスコットかそりーぬ

博物館のマスコット「かそりーぬ」は、たぶん犬でしょう。

博物館の中を見学していくと、縄文時代の人たちと犬との関わりについての展示がある。

それに関係して、だから犬なのか?と思ったけど、千葉県のマスコット『チーバくん』みたいに、千葉県に住む不思議ないきもので片付けられてしまうかもしれない、いや犬だと思いたい。

>>チーバくんの広場/千葉県(参考にリンクをつけておく)

 

貝塚は、日本全国にあるが、特に多いのが関東だという。

日本海側には、貝塚は少なく、太平洋側に多いようだ。

博物館に展示してある日本地図で確認できる。

関東に多い貝塚

関東に多い貝塚

ハマグリっていまでも美味しく、そして若干お値段が高いイメージ、そして千葉県の九十九里浜の名物になっているが、加曽利貝塚で多く出ている貝の種類第2位にハマグリがある。

縄文時代からハマグリの美味しさに気が付いていて、何千年もの時が経っていても、美味しいものは美味しいと、時代を超えて続いていくもんだなと感心した。

 

アワビはいまでは高級貝として定着しているけど、縄文時代の人にとっては、ハマグリなどと同じ貝でしかなかっただろうと思うし、だから、大きさがどんぐらいであろうとも、アワビはアワビで、普通に縄文時代の人の食卓に並んでいたんだろうなと思う。

アワビ型の土器

アワビ型の土器

この大きさの違いを見て、ふとそんなことを思った。

いろいろな形の土器が並ぶ

いろいろな形の土器が並ぶ

説明書き

説明書き

土器は、現代みたいに機械で作っているわけではないので(当たり前だけど)ひとつひとつ人の手作りであり、二度と同じ形はないという、そう思うと、土器の形を見ていると、縄文時代の人たちの生活が見えてきそうである。

日常的に使われていたわけではなさそうな、異形台付土器。

主に、祭祀用かと書かれていた。

異形台付土器

異形台付土器

縄文時代から集落が営まれていた加曽利貝塚。

時代が進むにつれて、いろいろな事情で集落から離れていく人、集落に残る人と分かれていくだろうけど、古墳時代までもここに人が生活していただなんて、生活するには良い土地だったんだろうなと思った。

古墳時代まで続く加曽利貝塚

古墳時代まで続く加曽利貝塚

出土した土師器と須恵器

出土した土師器と須恵器

土偶は女性の特徴を表したものが多く、石棒は男性の男性器を表したものである。

みみずく土偶

みみずく土偶

土偶たち

土偶たち

石棒

石棒

石棒は、祭祀のときに使うもののようで、出土するときには、折れていたり、黒く焦げた跡?みたいなのがついて見つかるようだ。

日本全国に土偶や石棒が見つかるけど、形やデザインは違うけれども、それぞれ使う用途は一緒なのだろうか(祭祀用とか)

縄文時代だから弥生時代だからとかじゃなくとも、今みたいにそれぞれの土地に関わる?ネットワークみたいなのがあったんだろうなとも思う。

古墳時代の前方後円墳もそうだし、文明はいまよりも劣っているとはいえども、それなりに全国どこでも人の移動は活発だったんだろうなあ、なんて思ったりもする。

いまこの歳で、古代史をコツコツ勉強しているけど、学生の頃に勉強した古代史とは、全く違う世界が見えてきている自分である。

 

かそりーぬの原点かと思われる(勝手に言う)

人と犬との関わり

人と犬との関わり

さまざまな貝たち

さまざまな貝たち

いま見てもごちそうな感じ

いま見てもごちそうな感じ

鹿を見ると、水曜どうでしょうのうれしーのセリフ「あ、シカでした」が頭に浮かぶ私だが、縄文時代では、鹿は捨てるところがない万能な動物だったようだ。

鹿は使い捨てがない万能な動物

鹿は使い捨てがない万能な動物

骨ひとつひとつが道具になる鹿

骨ひとつひとつが道具になる鹿

縄文時代の人はおしゃれだった

縄文時代の人はおしゃれだった

縄文土器には名前の由来になっている縄を用いた文様をはじめ、さまざまな文様がつけられており、地域や年代によってその特徴は異なる。

同じ地域の土器でも、少しずつ形や文様が変化していき、各特徴をもつ土器が初めて出土した遺跡の名前をつけて「〇〇式」としている。

この名前を古いほうから新しいほうに並べたものを「編年」といい、土器の文様などの移り変わりをしめすものさしとなっている。

 と、博物館からいただいたパンフに記載されている。

加曽利貝塚に貝塚が形成されはじめた縄文時代中期後半の北西部地域から出土した土器が展示してある。

企画展?が開催されていた土器たち

企画展?が開催されていた土器たち

展示されている土器たち

展示されている土器たち

展示されている土器たち

展示されている土器たち

ひねくれ者の縄文人の人がいたらきっと、土器にちょっとここをこうやって細工してやろうなんてやったら、何千年か後に、これはいままで出てきた土器とは違う、この土器の出てきた遺跡から〇〇式土器と名付けよう、みたいな、そんな展開になっちゃうのかな?なんて(意味不明な妄想だけど)思ったりもした。

 

博物館内にいたのは、私ひとりと若い男性のふたりのみ。

博物館内に置いてあるパンフレットも無料でもらってきて、とても得した気分になった。

日本最大級の貝塚なので、ぜひとも加曽利貝塚に足を運んでいただきたいものである。

しかし、公園の半分は来年の3月まで工事があるようなので、工事が終わった春ごろになったら、なお貝塚散歩が気持ちよくなると思うので、ぜひとも見学していただきたいと思う。