ねことメガネとアネモネと

古代史とお出かけと日常の備忘録

東京国立博物館の常設展に行く(埴輪展示が面白い)

東京国立博物館の常設展に行く前に、上野公園にある古墳「摺鉢山古墳」に行ってきた。

azu-simple-diary.hatenablog.com

 摺鉢山古墳を見学したあと、東京国立博物館の「考古展示室」を見学しに行った。

古代史ブームが到来してから、初めての東京国立博物館見学。

コロナウイルスの影響で、東京国立博物館は事前予約制になった。

私も、前日に、常設展を見学するために、ネットで事前予約をした。

>>東京国立博物館の事前予約について「東京国立博物館 - お知らせ 入館方法のご案内

一般1000円。

時間は、9時半と12時半のふたつから選べる。

受付の方に、QRコードを提示して、検温をし、手の消毒をして中に入る。

考古展示室に向かうため、平成館に向かった。

平成館

平成館

やっぱり特別展を開催していないからか、事前予約制だからか、外から見た限り人が多い感じはしなかった。

 

平成館といえば、いつも2階が、特別展の会場だった。

が、いまは特別展は開催していないようで、真っ暗闇だった。

それを見て、改めてコロナウイルスの流行が残念であり、悲しくもなった。

 

入り口から右側へ進むと、考古展示室がある。

考古展示室の看板みたいなのが、スケスケの布のようで、埴輪くんがあまりきれいに見えていない・・・

平成館の考古展示室

平成館の考古展示室

考古展示室は、まず旧石器時代から始まり、だいたい鎌倉時代か室町時代くらいだったかな?そこらへんの時代までの展示だった気がする(江戸まであったかな?)

私は、古墳時代あたりまで熱心に見ていたから、そのあとの時代はサラッと悪く言えば、何も見ずに出てきてしまった。

本館のほうは、外にでなくとも通路でつながっているので、刀剣など見たい方は、上にある画像の正面の入り口からいける。

 

縄文時代の展示に、見事な火焔土器があるなあなんて写真を撮ろうとしたら、撮影禁止のマークが出ていたのであきらめた。

まあ、火炎土器をたくさん見たい方は、山梨県にある山梨県立考古博物館に行くことをおすすめする。

このブログにも書いたが、見事な火焔土器がたくさんある。

縄文時代後期の土器

縄文時代後期の土器

弥生時代の土器

弥生時代の土器

古墳時代の土器

古墳時代の土器

この3時代の土器を見比べながら見ていた。

厚ぼったい感じのするのが縄文土器で、弥生時代になると若干厚ぼったいのが減り、古墳時代になると、薄く形も整ってくる、そんなことを個人的に思いながら見ていた。

ちなみに、須恵器は別格である(個人的に)

須恵器

須恵器

須恵器

須恵器

当時の人は真剣にこれらのものを制作していただろうけど、現代人から見ると、ミニチュア感があってかわいいと思ってしまう。

もしかしたら・・・当時の人も、そんなことを思う人がひとりはいたかもしれない(笑)

ミニチュア感があってかわいい

ミニチュア感があってかわいい

もしかして、東京国立博物館の考古展示室のいちばんの人気は、埴輪たちなのか?というほど、みなここでスマホのカメラで写真を撮っていた(シャッター音がたくさん聞こえた)

左側にいるカメラ目線の埴輪は(勝手にカメラ目線で撮ってみた)杯を捧げる女子である。

小さい手に、杯を持っている。

この堂々とした動き、これを見た瞬間、カメラ目線で撮ってみたいと思ってしまった。

埴輪たち

埴輪たち

杯を捧げる女子の看板?を見たら、群馬県高崎市ではないか。

私がいまの古墳巡りの目標にしている群馬県高崎市。

さすがとしか言いようがない(え?)

杯を捧げる女子の看板

杯を捧げる女子の看板

ちょっと前に流行ったのか、いまでも流行っているのか私には不明だけど、埴輪女子という言葉があった気がする。

その埴輪女子が、埴輪を好きになる理由、なんとなくわかる気がする。

確かに、このようにジーっと埴輪たちを見ていると、なんだか埴輪たちの動作が可愛く見えてきて、なおかつ、いろいろな表情が見えてきて、面白くなってくる。

このふたつの埴輪も動作が可愛く思えてきて、つい撮ってしまった写真。

胡坐みたいなのをかいているこの足がなんとも可愛い。

東京国立博物館の考古展示室の埴輪

東京国立博物館の考古展示室の埴輪

面白い埴輪がいた。

彼は「振り分け髪の男子」と名前がついている。

タオルとかではない、髪の毛らしいのだ(古墳時代にタオルなんてないと思うけど)

髪の毛の表現、もうちょっとあるものかと思うのだけど、古墳って主に首長層たちのお墓、その地域、地域で偉かった人のお墓なはずなのに、このようなおちゃらけた(実際には全くおちゃらけてないと思うけど)埴輪がはたしてお墓を守ってくれるのかどうか、面白いところである(勝手な想像)

彼の頭に注目してもらいたい

彼の頭に注目してもらいたい

まあ、これは私個人の勝手な先入観というか想像であって、本当はもっとちゃんとした理由があるんだろう。

というか、この振り分け髪の男子、佐野史郎に似ていないか?(失礼すぎ)

こんな角度からも撮ったよ

こんな角度からも撮ったよ

あまり人気がなさそうな円筒埴輪もある。

円筒埴輪もあるよ

円筒埴輪もあるよ

6世紀末になってくると、前方後円墳の築造の時代が終焉を迎える。

個人的にここらへん興味があるところで、本などを読んで勉強していきたいと思っているところである。

古墳も、方墳、円墳、八角墳と、規模が縮小されていく。

天皇陵も、前方後円墳から大型方墳になり、八角墳になっていく。

横口式石槨墳

横口式石槨墳

勝手に地図の写真を撮ってきてしまったが、いつかは見学しに行って見たいところ。

千葉県なら、ほかの地域よりは簡単に行けそうである。

主な横口式石槨があるところ

主な横口式石槨があるところ

個人的に思うところは、やはり仏教の影響って絶大だなと思った。

火葬という新たな埋葬方法?が入ってきたのもあり、やっぱり古墳って、人びとの労力が絶対にないと作れないもんなあ。

そして新しいものを取り入れることに対して起こる、改革派と保守派の争い。

蘇我氏と物部氏を思い出しました。

骨蔵器

骨蔵器

考古展示室にだいたい1時間半くらいいた自分。

途中から、あまり長くいたら怒られるかなと思っていたけど、展示物が面白くて、ついつい長居してしまった。

私と同じ時間くらい入ってきた人たちはもちろん、姿はなかった。

銅鏡もたくさん展示してあって、写真を撮ろうと思ったけど、宮内庁所有の銅鏡が微妙な位置にあり、写真撮影をあきらめた。

他、銅矛、銅鐸、などなど、見ごたえがあるものばかりなので、上野公園デートの際、ぜひ東京国立博物館の考古展示室にも立ち寄っていただきたい。