ねことメガネとアネモネと

古代史とお出かけと日常の備忘録

【古墳巡り】地元近くにある古墳群を見学(勝田市民の森・仲山古墳群)

Googleマップで「千葉県 古墳」と入力していろいろ見ていたら、自分の住んでいる近くにも古墳群があることを知った。

それではと思って、秋晴れの快晴の中、歩いて古墳群へと行ってみた。

自分の住んでいる近くに古墳があるなんてと思い、ちょっと嬉しくなった。

 

名前は「仲山古墳群」というらしい(Googleマップによれば)

ここの古墳群に行く前に、市の郷土博物館に行ったのだけど、ここの古墳群については何も書かれていなかった。

発掘がおこなわれていないからだろうと思う。

Googleマップ

Googleマップ

勝田市民の森公園の看板

勝田市民の森公園の看板

暖かい秋晴れなのに、公園は閑散としていて誰もいなかった。

市民の憩いの場という雰囲気は微塵も感じられず、でも整備の行き届いていた公園だった。

ベンチもあるし、一応、公衆トイレ(キレイかどうかは不明)水飲み場もあって、こんな誰もいないなら、ベンチに座ってひとりお弁当ランチでもしてもいいかなと思った。

 

公園の左側に入り奥へ進んでいくと、土がもっこりと盛られたところが2個あった。

古墳と思われる盛土

古墳と思われる盛土

看板や案内板など何もないので、たぶんこれだろうという素人の感想である。

古墳って、草で覆われたイメージだったけど、こちらは粘土質のような土が盛り上がっている。

古墳と思われる盛土

古墳と思われる盛土

古墳と思われる盛土

古墳と思われる盛土がふたつ

古墳と思われる盛土

古墳と思われる盛土

ここの地形自体、ちょっとした高台になっていると思われる(違うかもしれないけど)

そういうところを選んで、ここらへんの古墳は作られたのかな。

公園の斜面

公園の斜面

古墳と思われる盛土

古墳と思われる盛土の斜面

ところどころに落ち葉を入れた袋が転がっていたので、盛土の上にあった落ち葉もキレイに掃除されていたに違いない。

だから、粘土質のような土が丸見えだったのかも。

落ち葉が掃除されていた

落ち葉が掃除されていた

掃除の後かなんなのか、熊手が落ち葉の山の上に放置されていた。

まだまだ落ち葉集めをするのかもしれない。

落ち葉の山の上に熊手が置いてあった

落ち葉の山の上に熊手が置いてあった

古墳と思われる盛土とさっきから書いているけど、Googleマップのクチコミには、7世紀頃の古墳だそうですと書かれていた。

関東あたりは、6世紀後半から7世紀くらいの古墳が多いのかな(まだ勉強不足)

古墳と思われる盛土

古墳と思われる盛土

公園をうろうろしていると、足元に石の道のようなものが確認できる。

地面に石が埋め込まれていた

地面に石が埋め込まれていた

こうやって見ていると、盛土から木が生えまくっている。

盛土に木が寄生しているように見えて・・・うっ・・・気持ち悪い(ひどい)

古墳と思われる盛土

古墳と思われる盛土

落ち葉を集めたゴミ袋

落ち葉を集めたゴミ袋

あちらこちらにゴミ袋が

あちらこちらにゴミ袋が

パシャパシャと写真を撮っていたら、やっぱり古墳に登らなきゃと思って登ってみた。

そういう気持ちで登るのっていいのだろうかと思ったけど、いまは令和時代。

古墳時代ではないと思って、よいこらと登ってみる。

古墳上からの眺め

古墳上からの眺め

やっぱり古墳の上って高いなあ~みたいな。

古墳上からの眺め

古墳上からの眺め

古墳頂上から、国道16号が見えた。

その向こうには、新川が流れており、古代のひとたちもここから川を眺めたのかなと思う。

たぶん、小さいながらも川が流れていたと思うんだけど・・・

国道16号が見える

国道16号が見える

国道16号が見えて、ああここかあと納得した。

もしかしたら、16号からもここが少しは見えているかもしれない。

それに古代の頃は、ここに古墳を作るくらいなんだから、勝田台と言われるくらいだから、周りから高い地形だったんだろうと思う。

そんな古代からと同じ?かどうかわからないけど、場所から自分も周りを眺めることができるだなんて、なんていう妄想?みたいなのにひたっていた。

まぁ~ったく景色は違うけど、多少は同じだったと思うな。

国道16号が見える

国道16号が見える

2基の古墳を堪能してから、公園をあとにした。

整備されたきれいな公園なので、人がいないのがもったいない。

(トイレは確認していないので、不明です(2度目))

古墳をあとにする

古墳をあとにする

青空と色づいた木

青空と色づいた木

地下にも誰かがいるみたいだ

地下に他にも誰かがいるみたいだ

ここの公園一帯の落ち葉を集めたのか、ゴミ袋がすごい量だった。

そのおかげで、公園内が歩きやすいっていうことなのだけど。

ゴミ袋の量がすごい

ゴミ袋の量がすごい

ベンチもある

ベンチもある

地面に埋められた石の道?

地面に埋められた石の道?

入り口かどうかわらかないけど、先ほどの看板があったところまで戻り、今度は右側にある公園に行ってみる。

ここにも古墳があるのかどうか見てみたけど、右側には古墳のような盛土はないようだった。

公園の右側

公園の右側

木が伐採されて、開放感があった。

ここにもベンチが数台設置されていて、人もいなく穴場公園に認定してもいいくらい閑散としていた。

伐採された木の切り株たち

伐採された木の切り株たち

2基の古墳がある場所に着く前に、同じような公園の設備が設置されている公園の一部かと思われるところがあった。

そこは、とりあえずスルーして、2基があるところまで行ったが、どうしても、この形が盛土にしか見えず、帰りに立ち寄ることにした。

ここにも古墳のような盛土が

ここにも古墳のような盛土が

古墳群と言っているくらいなんだから、きっとここも古墳たちに違いない(勝手に言う)

というか、土がこんもりと盛られているところを見たら、どこもかしこも古墳じゃないか!?って思ってしまう、もしかして、これは古墳能というやつか(笑)

ポツポツと盛土ぽいのが見える

ポツポツと盛土ぽいのが見える

ここの公園にもトイレが設置されている。

キレイかどうかは不明です。

ここの公園にもトレイがある

ここの公園にもトレイがある

自分が住んでいる地域に、こんな身近に古墳があるだなんて、とても嬉しくて楽しくなったけど、いったいどういう古墳なのか、まだまだ古墳素人だけども知りたかった。

郷土博物館には、自分の住んでいる市には、いたるところに縄文時代の土器や貝塚、弥生時代の集落、方形周溝墓、古墳時代の古墳群などなど、古代の歴史もいまに見ることができる。

自分が住んでいる市や地域についてもっと知ろうとすれば、こんなにも面白いことが発見、わかることができる。

なんか、古代史が好きになって良かったなと思えた1日だった。