他人には厳しく自分には甘い人

私と同じ派遣社員として働く女性がいる。

仮にAさんと名前を決めておこう。

私と同じチームで働くAさんは、他人には厳しく自分には甘いで有名である(私の中で)

 

今週の火曜日、社員の人から、Aさんにとある仕事について問われた。

 

社員の人「〇〇(部署名)から、書類のイメージがスキャンされてないって連絡が来たんだけど」
 

派遣社員には、雑用と言える、とある書類をPDFにして保存する作業がある。

通常は私たちが所属しているチームの仕事なのだが、火曜日だけちょっとしたイレギュラーがあったため、私たちではなく違う方がその作業をしてくれた。

社員の人は、そんなことは知らないので、本日の担当Aさんに聞く、これは当たり前のことである。

問われたAさんは、

 

Aさん「今日は、うちが入れていないのでわかりません、うちに聞かれても困ります。」
 

Aさんは、誰に対しても、一人称は「うち」である。

 

社員の人「いや、でも、今日の担当はAさんですし、現に、担当部署からイメージが入っていないって連絡が来ていて・・・」
 
Aさん「だから、今日はうちがいれたんじゃないんです。普段はうちに書類が回っていて入れるんですけど、今日はこっちに書類が回ってきていないし、そんなこと言われてもわからないです」
 

みたいなやり取りが続いているのを私は隣で見ていた。

しかも、これまたAさんの言い方がキツイ、というか若干ケンカぽいのである。

このケンカぽい言い方をされた人は、たいていムカッとして、ああ言えばこう言う状態に入ってしまうのである。

 

こんなやり取りを見ていた私は見かねて、

 

私「たぶん、イメージを入れ忘れたのかもしれません。スキャンした本人に確認してみます。」
 

と、助け舟を出した(つもり)だったが、ふたりはまだああ言えばこう言う状態だった。

そもそもそんなこと言い合う前に、状況を確認しますからと言えばいいんでない?

何回も思う。

Aさんはいつも、自分がやったのではない!自分が悪いのではない!と主張したがる。

いつもしている仕事なんだから、どこのファイルにあるのか、そこから確認したりすればいいのに。

状況がわかったなら、わかったなりに対処すれば良くね?

そんな主張する前に、どういう状況なのか、どうしてこういうことが起こったのか確認すればいいのにと、いつも思う。

確認したうえで、自分が悪かったなら謝り、こうこう対処しておきます、みたいなことを提案したりすればいいのに、毎回、社員の人や派遣社員の人と言い争う。

もうね、見苦しい。

やはり他人には厳しいAさん

私は社員の人とAさんに、もしかしてイメージの入れ忘れかも?かも?と付け加えておいたのに、Aさんは、それが原因だ!となぜか決めつけてしまい、イメージを入れた本人にいきなり説教をしだした。

 

Aさん「ちゃんとイメージを入れておかないと、あとあと社員の人に迷惑がかかるんです!!」くどくど。
 

いやいや、迷惑をかけてるのはお前だよ、と私は心の中でつぶやいた。

Aさんに怒られている本人は、はあ、はあ、と軽い返事ばかり。

そりゃあそうだ、こんな人に怒られる筋合いはないのであるから。

 

私は見て見ぬふりをすることが出来なくなったので、イメージどうした?と本人に聞いてみようと質問をしたら、Aさんに「黙っててください!」と手で制止された。

いや、黙るのはお前だよ、と思いながらまた本人に聞いてみた。

 

結局、イメージの入れ忘れではなく、イメージデータの名前を変更するのを忘れただけという、全く違うオチが待っていたのだが、Aさんの勝手な決めつけで説教を受けた彼女が可哀そうだった。

 

Aさんは、自分自身がミスをした場合、そのデータを確認してくれた人が止めてくれたら、とか、〇〇さんが確認してくれていたらと、なんでも他人のせいである。

他人がミスをした場合、彼女の中でネタ?になり、ことあるごとに掘り出してくる。

 

誰かを責める前に、状況確認が先ではないか。

それが毎回抜けるからタチが悪い。

f:id:cosami1215:20200625202508p:plain

怒るカバ by いらすとや

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村