絶叫系アトラクションと三密

母親とコストコから家に帰る途中、休園中のディズニーランドとシーはどうなっているのかという話をしていた。

 

母親は、

 

「ずっと休園中で、アトラクションの人形や施設には蜘蛛の巣だらけなんじゃないの?」

 

なんて言うが、私は、

 

「あのディズニーだよ?休園中でも人が何十人か中で働いていて、メンテナンスしているに違いないよ、そんな蜘蛛の巣や、キャラクターの塗装が剥げたりさ、そんなことさせないに決まっている!」

 

と、休園中のディズニーについて、いろいろと憶測を立てる親子なのであった。

父親と別居して、そして父親が亡くなってから、こうやって親子2人で出かけることが多くなった親子である。

ディズニーは休園中、中はいったいどうなっているんだろうか。

私の仮説が正しいに決まっている。

 

コロナウイルスによる新しい生活様式として、絶叫系のアトラクションで、大きな声は出さない、しかもマスクをつけてと見たときは、私は、おい生殺しかよ、と思った。

 

私の場合、絶叫系アトラクションは、絶対に声がでるし、しかも常に人より多く空気を吸っていないと不安なタイプだ。

ジェットコースター系なんか、常に叫んでいて、アトラクションが終わったあとの体力消耗が半端ないし、喉も痛くなる。

 

としまえんが、何ヶ月ぶりかにオープンして、ジェットコースターに乗っている人の映像が出ていたが、みなマスクをしていた。

ジェットコースターの向かい風にやられて、マスクがピッタリと口のまわりに貼りつかないのかどうなのか、それが気になった。

 

声も出せない、マスクで息も出来ない、コロナウイルスのせいで、私は絶叫系アトラクションを卒業することになりそうだ。

 

せっかく、ディズニーランドのスペースマウンテンくらいは楽しめるようになったのに。

 

ところで、お化け屋敷も、三密を防ぐために、お化けたちはきっとお客さんには近づくことができまい。

2メートル以上離れたところから、人をワー!と驚かすのだろうか。

本物のお化けなら、三密なんか関係ないのに、なんか面白い。

暗い中、遠くからワー!と驚かしているお化けを想像すると、なんだか可愛くも思える。