もやもやしていることを言いたい

もやもやしていることを言いたい。

 

もやもやしていることとは、自分の自惚れを消したい。

職場で、社員の人に自分の意見を言ってみるけど、なんか浮いているように感じる。

自分の意見が浮いているように感じるのだ。

(あ~・・・こういうことを言ってもアレかな、意味なかったかな)

とか、

(ちょっとズレてたかな、でも自分はこう思うんだよなあ)

という、もやもやが残ることが多い。

 

自惚れという感情じゃないかもしれないけど、なんか最近もやもやする。

 

潮時なのかな。

コロナの影響で、いろいろなところで働き方も変わってきているし、自分自身もアップデートしなければいけないかもしれない。

 

この会社に派遣社員としてきたときに、仕事を教えてもらった同じ派遣社員の人に、

「この職場にいても、スキルとか何もあがりませんよ」

なんて言われて、え?来たそうそうにそういうこと言う?と思ったけど、いま思えばその通りだったな。

いや、でも全く何もなかったと言われたら、そうでもない。

派遣社員といえども、ただ来てただ働いているだけでは、やはりチャンスはないと思う。

ちょっとがめつい感じが良いと思う。

だから、多少がめつきが強くて、これはチャンスかな?なんて思い、何か学べるかもと動いてみたら、かなり面白い業界だったことを知ったし勉強になった。

 

でも、しょせんは派遣社員、限界もある。

社員になるチャンスはあったかといえばあったけど、働いている社員の人たちを見ると、派遣社員のままえいいかなと思ってきた。

それにМさんに対しても、相変わらずムカッとくるし、離れたい。

 

私はある意味、人生の岐路に立つことを、コロナウイルのおかげな気がしてならない。

これからの自分の働き方を変えていくために、自分自身をアップデートしていかなければならない。