髪の毛から始まる恋

電車のドア側に私は立っていた。

電車のドア側には、座席とドアを隔てる壁みたいなのがある。

 

私の立っていたがない側のドアが開くので身体を縦にして、一応降りる人用にとスペースを空けた。

ふと左側(座席側)を見ると、女性が上を向いたまま、隔てる壁に寄りかかって寝ている。

熟睡しているようだったが、私は女性を何回かチラチラ見た。

 

女性のロングの髪の毛が数本、隔てる壁から外に出ているではないか。

 

私は思った。

私がガッツリと座席とドアを隔てる壁に寄りかかったら、女性の髪の毛はどうなるのだろうか。

寄りかかっているところに、女性の髪の毛が巻き込まれたら、きっと女性は痛い、悲鳴をあげるほど痛いにきまってる。

 

もう一度、女性を見てみようか。

しかし、怖い。

上を向きながら寝ているから、いきなり目をバッと開けて私を睨みつけたらどうしよう、私が悲鳴をあげる側になるではないか。

 

勇気が出ない。

いや、もしやすでに電車を降りていたりするかもしれない。

とりあえず、どんなとこがあっても壁に寄りかからないようにしよう。

 

電車で座席とドアを隔てる壁に寄りかかるときは、女性の髪の毛に要注意だ。

意外とみん気にせず勢いよく壁に寄りかかってくるから危険だ。

 

また私の立っている側のドアが開いた。

その隙に女性を見てみる。

良かった、まだ熟睡していた。

 

いまふと思ったが、もし私が男性で、寄りかかったときに女性の髪の毛を巻き込み、女性を起こす、痛い何すんなよ!と、そこから恋が始まる、なんてストーリーはどうだろう。

 

まあ、お互い悲劇を上回るほどの容姿??がないと成立しない気がするが・・・

 

出会いなんて、多種多様だよ。