朝の通勤電車でBL本を読む人

私はkindleを購入してから、いろいろなジャンルの本を読むようになった。

主に、ここによく登場?してくるアンリミテッドで本を読むのが多いけど、たまにちゃんと本にお金を払って、kindleで読むこともある。

でも、先月あたりから、やっぱり紙の本がいいな、と思うようになった。

紙の本は、場所をとるのでもうやめようと、引っ越し前にかなり捨てたんだけど、ここんところ元に戻りそうだ。

 

学生の頃は、本なんかちっとも読まない人間だったのに、友達から教えてもらったミステリー小説が面白くて、その頃から本を読む人間へと変化していった。

ミステリーを教えてもらう前は、漫画ばかり読む人間だった。

ミステリー小説一筋と言えるくらい読んでいたけど、いまはビジネス書や時代小説、BL本まで読むようになった。

 

BL本には若干抵抗があった私だが、kindleのおかげでそれが解消されたと言ってもいいくらいになった。

アンリミテッドのおかげである。

まだ1、2冊程度しか読んでいないけど、抵抗はなくなった。

むしろ、面白いものがあれば、積極的に読みたいと思えるようになった。

 

私はよくはてなブログのグループを見ているのだけど、その中に『アニメ・マンガ』のグループがある。

そこに『ボーイズラブ』というところがあり、先日興味本位でチラチラ見ていた。

とあるブログで、BL本が紹介されていた。

箱の中 (講談社文庫)

箱の中 (講談社文庫)

  • 作者:木原 音瀬
  • 発売日: 2012/09/14
  • メディア: 文庫
 

まず、この表紙が良いと思ったので、ジャケ買いもいいところ、すぐアマゾンで買う。

刑務所から始まる話なのだけど、朝の通勤電車の中で読んでると気持ちが沈んでくる(いまのところ30ページくらいまでしか読んでないけど)

朝っぱらからテンション低めで通勤している私だが、でも引き込まれるものがあるので面白い。

 

始めはミステリーばかり読んでいたけど、やっぱりいろいろなジャンルの本を読んだほうがいいなと思う。

司馬遼太郎の燃えよ剣で沖田くんにハマり、剣客商売で大治郎くんが好きになり、アンリミテッドで見つけたBL本を読んで抵抗がなくなり、ビジネス書は勉強になるし面白い。

 

いろいろな本に挑戦したいなと軽く思われる方なら、kindleアンリミテッドおすすめかもしれない。

月額お金はかかるが、まずはkindleを買わなければならない。

強くはおすすめしない、あくまでも、おすすめかもしれないの、かもしれない程度で伝えておく。

 

そして、言うなれば、私は若干・・・え?やっぱり??腐女子である。