小説が書きたいという野望?が芽生えた

Google検索で「野望 ゲーム」と検索したら・・・

f:id:cosami1215:20200603225443j:plain

どんだけ信長だよ

確かに、野望とゲームと言われれば、信長の野望を連想するわな(笑)

と、信長の野望やったことはないけど、前置きはこのくらいにしておいて。

 

昨日、帰りの電車でふと「小説を書いてみたい」と思った。

なんでか?わからないけど、小説が書きたくなった。

 

私は小学生と中学生の頃、漫画を描いていた。

たぶん、いとこの影響だったと思うけど、終わらない物語を考えてはルーズリーフ(懐かしい)にコツコツ絵を描き、面白くもない漫画を描いていた。

決して物語が終わらない漫画ばかり描いていたけど、絵を描くことは好きだった。

 

でもある日、自分の絵って売れるかなあ?みたいなことを、母親の知人の人に聞いてみて!とお願いしたところ、翌日「こんなありきたりの絵じゃ売れないよ」という返事をもらって凹み、それ以降、絵の道を断念したことを覚えている。

いま思えば、こんなこと鵜呑みにしないで努力しておけば、いまごろ違う道を歩んでいたかなあ~なんてたまに思う。

いまさらなことが多すぎて悲しい。

 

そんな過去のことは置いといて、いまさら嘆いても仕方ない。

なんでいきなり「小説を書きたい」だなんて思ったのかわからない。

風の便りみたいな感じか、ふと頭の中に出てきたんだな。

 

早速書いてみようと、はてなブログで、もうひとつブログを作ってみた。

こんな感じの小説が書きたいと、ぼんやり頭に浮かぶのだけど、しかしキーボードが進まない。

文字数700文字から1000文字くらいで、イメージとしては、その場面一瞬!みたいなものが書きたい。

長々と本当の小説を書いていたら、昔書いていた漫画のように、終わらないストーリーになるのは見え見えだ。

(本当の小説ってなんだ?という疑問がわくが)

なので、イメージだけはあるけど、まだ何も書けていない。

でも!書きたい!文字にしたい!

なっんでもいいから、小説ぽい・・・ぽいものが書きたい。