ねことメガネとアネモネと

思ったこと生活のことなど書いています

藤沢周平の隠し剣・鬼の爪を観る

私は時代劇が好きである。

「剣客商売」でも観ながらブログでも書こうかなと思って、YouTubeを検索してみたら、前に観たことのある動画は削除されてしまったのか、検索結果に出てこなかった。

小兵衛が藤田まこと、大治郎が渡部篤郎のものが好きだったんだけど残念だ。

剣客商売(藤田まことバージョン)が観られる方法があれば知りたい。

 

でもやっぱり時代劇が観たいと思って、アマゾンプライムビデオで「時代劇」と検索してみた。

どれを観ようかななんて、ずーっとスクロールをしていたら、藤沢周平の隠し剣シリーズ「鬼の爪」が出てきた。

隠し剣 鬼の爪

隠し剣 鬼の爪

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

藤沢周平の隠し剣は、少し読んだことがある。

小説の内容を短く簡単に言えば、最後の最後で隠し剣が出てくる。

好き、チャンバラ系が好き。

 

武士の片桐と、昔、片桐の家で奉公をしていたきえ。

片桐は偶然きえと出会うが、きえは嫁いで嫁になっていた。

ところがある日、片桐はきえは病気になっていてずっと床に伏しているということを聞き、再び自分のところにきえを呼ぶ。

 

片桐はきえのことが好きなのに、海を見に遊びにきていた(デートみたいなもん)ところで、友人の忠告や自分の心の葛藤で悩みに悩んでいたが、片桐さんはこのままではいけないとついに、きえに実家に帰りなさいと言う。

声を荒げる片桐と、どうしても一緒にいたいというきえにはちょっとジーンときた。

片桐さんときえは身分が違うので、恋人になったり結婚したりするのが難しい。

ふふふ、私、こういう設定好き、身分のすれ違い恋愛とか意外と好き。

 

言葉(セリフ)がかなり東北なまりで、私のばあちゃんたちの方言ににているなと思っていたけど、藤沢周平の出身地(山形県)をモチーフにした海坂藩内での話のようで、なるほど納得と思った。

 

しかし、本当は剣客商売が観たかった・・・

私は大治郎くんが好きである。

小説は5巻まで持っている(全16巻くらいまで出ているはず)

ツタヤでDVDあるかな?と思うけど、たぶん需要がなさそうだし、置いてもいなさそうである。

ちなみに、さいとうたかをの漫画バージョンは読んだことはない。