メンタリストDaiGoの本を初めて読んで思ったこと

先日、メンタリストDaiGoの本を初めて1冊買った。

 

正直に言うと、あまり良いイメージを持っていなかった。

と言いつつも、YouTubeは何回か見ていたけど、私にはあのしゃべりのスピードには、ちょっとしゃべりが速すぎて、ついていくことが難しい、という感じだった。

そのしゃべり方について、あれが戦略なんだと、どなたかおっしゃっていたけど、私には無理だった。

 

初めの印象は、そんな感じだった。

いま思えば、テレビ界やYouTubeの人たち?も、普段の生活もそうだけど、第一印象って本当に大事になんだなって思った。

一応私は、相手の第一印象が良かろうとも悪かろうとも、その印象がすべてではないはずと、考えるようにはしている。

 

前置きは長くなったけど、とある動画で、メンタリストDaiGoの本を紹介していた。

「この本、本当におすすめ!」みたいな、かなり熱のこもった言い方をしていたので、私はついその言葉につられてしまった。

それにもうひとつ、文章力を上げる方法はないかなあ~とkindleで探して読んでいたりしたけど、なにせアンリミテッドのみで探していたし、やっぱり評価を気にしちゃうじゃん、みたいな感じで、フラフラと本を読んでいた。

 

そして、その方がおすすめしていたメンタリストDaiGoの本を、アンリミテッドばかりじゃなくて、お金出して自己投資の意味も込めて、本を買ってみようかな~という気持ちで一冊買った。(アンリミテッドでもお金払ってるけど)

 

そして、私が買った本はこちら。

 

人を操る禁断の文章術

人を操る禁断の文章術

 

この本何が良かったと言えば「読みやすい

内容は薄っぺらいかと思いきやそんなことはなく、でも、スラスラページがめくれちゃう。

本は1回だけで終わらせるのではなく、2回か3回?読まないと、頭に入っていかない、ようなことを言うけど、読みやすいせいで、それが可能になりそうである。

 

本の内容も大事だけど、人を読ませるための文章力もあり、スラスラと読める読みやすさもある。

なんだか、ブログを続けていこうとしている身としては、そこらへんも参考になりそうである。

 

こちらおすすめの本です!(*^-^*)/(やっつけ)