太陽の光で起きる実験

昨日の夜も、神・時間術に書いてあることを実践した。

それは「寝る前にカーテンを開ける」である。

 

夜にカーテンを開けて寝ると、窓から太陽の光が部屋にふりそそぐ。

その光を利用して朝起きるというものだ。

 

太陽の光を浴びることによって、セロトニンが分泌される。

よく巷で聞くセロトニンとは・・・

精神の安定や安心感や平常心、頭の回転よくして、直観力をあげるなど、脳を活発に働かせる鍵となる脳内物質です。

 >>引用:セロトニンの増加が心身に及ぼす効果 | 医療法人社団 平成医会

 

太陽の光で起きるので、目覚まし時計がいらない。

太陽が目覚まし時計なのだ。

 

ではさっそく、寝る前にカーテンをあけた。

f:id:cosami1215:20200522203854j:plain

私の部屋の窓

若干、外の街灯などが気になるけど、お布団に入ると私はあっという間に眠りに落ちた。

 

朝、私は念のために、目覚まし時計をかけていたけど、それより前に目が覚めた。

太陽の光効果である。

f:id:cosami1215:20200522204432j:plain

朝になった私の部屋の窓

起きられた!目覚ましなしでも起きられた!!

明るいなあ、朝が来たんだみたいな感じで起きた。

 

いま何時だろ?と思ってiPhoneを見た。

 

「なんだあ、まだこの時間かあ、もうちょっと寝ようかな・・・」

 

・・・・と、二度寝した。

 

夏の始まり、太陽が昇る時間も早い。

 

太陽の光で起きることは、とても気持ちが良いのはわかったけど、私には、お布団からスパッと出られる気合いが必要だった。