私の中であつまれどうぶつの森は癒し系

私も、あつまれどうぶつの森で遊んでいる島人のひとりである。

無駄に4連休が終わって、明日から仕事だ。

行きたくないけど、世の中には仕事がしたくてもできない人がたくさんいるので、この言葉はちょっと贅沢というか禁句?まではいかないかもしれないけど、でも本音・・・

どうぶつの森で遊んでいると、ものすごくこんなスローライフがやりたいっていう気持ちになる。

Twitterを見ていると、ザ・職人!という人たちがわんさかいる。

あれはあれですごいと思うけど、意地でも島を開発せずに、ガチのスローライフで遊んでるぜ!という人はいるのだろうか。

でも、そんな遊び方をしていたら、ゲームとしてストーリーが進まないから、たぶんいないだろう。


私はキャンプをするのが好きで、テントは持っていないけど、友人のテントを借りて一昨年からキャンプをふたりでするのが毎年の行事になった。

寝袋やその他テーブルなど、こまごまとした道具は持ってる(笑)

こ・・・今年こそ!テント買うぞ!!

今回のどうぶつの森で、無人島でスローライフというキャッチフレーズを聞いたとき、ぜひとも!やりたい!と思って購入した。
(これでも、どうぶつの森は初期のころから遊んでる)

しかし、物語が進んでいくうちに、最初寝泊りしていたテントが消え、普通のお家が建ったとき、なんともショックだったことか。

いや仕方がないんだけど、もっとテント生活したかった・・・というか、このテントでゲームを遊んで行くんじゃないの?というくらい、最初は思っていた。

ザ・職人で遊ぶのいいけど、ゲームの中くらいはスローライフでいたい。

職人が悪いとかいけないとかは言っていない。

こんなグダグダ言っている自分も、家を増築したり、橋を作ったりして、島を発展させているのである(笑)

あつまれどうぶつの森は、私の中の第5位くらいに入る癒し系だ(意味不明)

IMG_0549.jpg

ちょっと前の画像だけど、現実でもこういうことがしたい。