ねことメガネとアネモネと

思ったこと生活のことなど書いています

無印良品が楽天市場に出店

無印良品がアマゾンに続いて、楽天市場でもショップをオープンした。

f:id:cosami1215:20200601222748j:plain

無印良品 - 楽天市場

>>MUJI 無印良品(楽天市場)

 

無印良品は、本家のオンラインストア以外に、ロハコ(アスクル)と、つい先日出店したアマゾン、そして今度は楽天市場と、販売網??を広げているようだ。

 

気になるところは、送料である。

左下のところに、送料についての記載がある。

全国一律 消費税込み 500円です。
消費税込み 3.980円以上のご注文で送料無料でお届けします。
※一部配送エリアは除きます。

アマゾンだと、プライム会員であれば、送料は無料である。

 

その次に気になる品揃え。

株式会社良品計画のニューリリースを読むと、

「楽天市場」での取り扱い商品
フレンチリネンの衣料品や、子供用のパジャマ、掃除用品など、暮らしの必需品である日用品を中心に約200品目の商品でスタートし、今後、段階的に品揃えを拡大していきます。

と記載されている。

ryohin-keikaku.jp

楽天市場やアマゾンでは、検索窓から「無印良品」と文字を打って検索しても無印良品が販売している商品には、たどりつかない場合が多い。

アマゾンだと『Amazon.co.jpが販売、発送する商品は無印良品の正規販売品です。』とこのような記載がある。

楽天市場も、ただ無印良品と検索しても、知らないショップが無印良品の商品を売っているものが出てくる。

なんか、そこがめんどくさい。

なので、確実だと思うのは、株式会社良品計画のニューリリース画面に、楽天市場の無印良品のリンクがあるので、そこをクリックして買うのがよろしいかと思う。

そのリンクを、ブラウザのお気に入りに入れてしまえばいいのでは?とも思う。

 

私は無印良品の実店舗で商品を眺めながら買うのが好きだ。

また再び緊急事態宣言が発令されて、外出自粛になり、でもちょっと無印良品の商品が欲しい!ってなったら、最初はアマゾンを見るかも。

とりあえず配送が早いですし。

品揃えがあるかどうかにもよるけど、まずはアマゾンかな。

その次に無印良品のオンラインストアか。

アマゾンでも楽天でも、どんどん品揃えを増やしていただけたら、ありがたいとも思う。

 

というか、ひとそれぞれ使いやすいところで買えばよろしいかと思われる。

「きのう何食べた?」のふたりが好き

今日のアマゾンプライムは「きのう何食べた?」である。

きのう何食べた?は、今年の元旦だったと思うけど、朝からずーっと放送しっぱなし(こういうのなんて言うんだ?)で観て、大好きになった。

 

私は、このふたりが大好きである、私のツボを押さえているドラマだ。

 

普段、テレビを観ない(ほぼNHKのみ)けど、この日、元旦だしテレビもたいしておもしろいものが放送されているわけでもない。

たまたまテレビ東京をポチッとつけたら、「きのう何食べた?」が放送されていた。

聞いたことあるドラマだし、暇だし、ちょっと観てみようかな、なんて観ていたら、あわわわわ・・・ワシのツボドラマ・・・!と感激。

 

私は『男たちがワイワイ楽しくしている』のが好きなのである。

新選組も好きな理由はこれである。

と言いつつも、新選組は、ここまで男と男の・・・みたいなの(新選組血風録の前髪の惣三郎くらいか?)ないと思うけど、一緒にしていいものかどうなのか。

試衛館でワイワイ、京都でワイワイ、小説を読んでいて、ここらへんが好きなのである。

ワイワイってどんな感じ?と聞かれると、ちょっと言葉で説明するのが難しいけど、新選組は、男のワイワイ青春が好きというか、こんな感じである。

1度、会社の人に、どうして新選組が好きなのかと説明したのだけど、まあ・・・意味不明だったようだ(笑)

 

特に誰かと共有しようとは思わない。

自分自身が楽しめれば、どんな気持ちで観ていようと勝手だし満足である。

食わず嫌いだったサウナデビュー

今日から6月。

朝から茨城県で地震があって目が覚めてしまった。

二度寝しようと思ったけど、なんだかもったいない気がしたからそのまま起きた。

 

起きたで思い出した。

30日は沖田くんの命日・・・

今戸神社に行こうとしてたのに、すいません、ダラダラしてました。

 

ウシのように寝っ転がってると、頭の中でこんなことしてないで運動したら?と声が聞こえる。

いや、実際には聞こえてないんだけど、なんだか気持ちがソワソワしてくる。

ゴロゴロしてはいけないと思い、軽くストレッチをした。

生活が進歩している。

 

相方とスーパー銭湯へ行ってきた。

今日こそは、サウナデビューするのだ!という決意のもと、朝早くから家を出た。

車を走らせること30分くらい。

千葉の田園調布みたいな感じのところにある、スーパー銭湯である。

 

私は今までサウナの熱さに耐えられないでいた。

けど、我慢して我慢して熱に慣れれば、サウナを満喫できるはずだと思った。

熱いからすぐサウナから出ちゃうという、食わず嫌いのような、自分の忍耐の足りなさが原因で、サウナなんて私には無理!と思っていた。

忍耐のなさ、それがいけない。

最近、サウナはストレス解消のひとつにもなっていると聞くし、サウナは痩せるよ(会社の人の話)と周りから聞こえるし、スッキリするよと言われるし、これはやってみるしかない!とミーハー精神で、今日は慣れるために忍耐と戦いに行ったのだ。

f:id:cosami1215:20200601151728p:plain

裸の付き合いサウナデビュー

最初は3分サウナ、そして出てかけ湯で汗を流し、水風呂へ入ってみた。

しかし・・・水風呂の壁は高い(厚い)

腿の付け根までは入れるけど、五臓六腑すべて水風呂の中に入ることができない。

結局、腿の付け根まで入って、前かがみになり、肩のところを水かけするのが、私の水風呂作法になった。

 

3分耐えてサウナを出て、また3分耐えてサウナを出て、今度は10分耐えてサウナを出て、5分耐えてサウナを出る。

やった!合計21分サウナに耐えた(連続じゃないけど)

 

水風呂に入ったあと、かけ湯をして脱衣所に戻って着替えようとしたら、なんだか寒い。

寒いのは水風呂に入ったから当たり前だけど、そのままあがる前に温かい風呂にでも入りたいなあと思い、43度ほどの温泉風呂に入った。

 

(ふ・・風呂・・・めっちゃ気持ちいいーーーー!!!(心の声))

 

なにこれ・・・サウナも良いし、改めて風呂もいい。

食わず嫌いだったサウナ、ついに自分のものになりました。

サウナ時間をこれからせめて10分いられるように慣れなければ。

あと、家から水筒持参で参戦だ。

 

ちなみに。

スーパー銭湯って、なんでここのヌシみたいな人たちがたくさんいるんだろう。

サウナにひとりポツーンと入っていたら、ノッシノッシとヌシが登場。

その後、続々と、ここはオレたちのテリトリーだと顔で主張しそうな人たちがたくさん入ってきた。

怖い・・・ど素人の私は、その威圧感に負けて、普通のサウナより若干温度が低い塩サウナへと移動するのであった。

(後半は、塩サウナで耐えていた) 

藤沢周平の隠し剣・鬼の爪を観る

私は時代劇が好きである。

「剣客商売」でも観ながらブログでも書こうかなと思って、YouTubeを検索してみたら、前に観たことのある動画は削除されてしまったのか、検索結果に出てこなかった。

小兵衛が藤田まこと、大治郎が渡部篤郎のものが好きだったんだけど残念だ。

剣客商売(藤田まことバージョン)が観られる方法があれば知りたい。

 

でもやっぱり時代劇が観たいと思って、アマゾンプライムビデオで「時代劇」と検索してみた。

どれを観ようかななんて、ずーっとスクロールをしていたら、藤沢周平の隠し剣シリーズ「鬼の爪」が出てきた。

隠し剣 鬼の爪

隠し剣 鬼の爪

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

藤沢周平の隠し剣は、少し読んだことがある。

小説の内容を短く簡単に言えば、最後の最後で隠し剣が出てくる。

好き、チャンバラ系が好き。

 

武士の片桐と、昔、片桐の家で奉公をしていたきえ。

片桐は偶然きえと出会うが、きえは嫁いで嫁になっていた。

ところがある日、片桐はきえは病気になっていてずっと床に伏しているということを聞き、再び自分のところにきえを呼ぶ。

 

片桐はきえのことが好きなのに、海を見に遊びにきていた(デートみたいなもん)ところで、友人の忠告や自分の心の葛藤で悩みに悩んでいたが、片桐さんはこのままではいけないとついに、きえに実家に帰りなさいと言う。

声を荒げる片桐と、どうしても一緒にいたいというきえにはちょっとジーンときた。

片桐さんときえは身分が違うので、恋人になったり結婚したりするのが難しい。

ふふふ、私、こういう設定好き、身分のすれ違い恋愛とか意外と好き。

 

言葉(セリフ)がかなり東北なまりで、私のばあちゃんたちの方言ににているなと思っていたけど、藤沢周平の出身地(山形県)をモチーフにした海坂藩内での話のようで、なるほど納得と思った。

 

しかし、本当は剣客商売が観たかった・・・

私は大治郎くんが好きである。

小説は5巻まで持っている(全16巻くらいまで出ているはず)

ツタヤでDVDあるかな?と思うけど、たぶん需要がなさそうだし、置いてもいなさそうである。

ちなみに、さいとうたかをの漫画バージョンは読んだことはない。

【無印良品】続・ウレタンフォーム三層スポンジの替え時はいつ?

私は先日、このような記事を書いた。

azu-simple-diary.hatenablog.com

普段使っているウレタンフォーム三層スポンジを見ては、もやもやとして、まだ使えるか、まだ使えるかと、ウレタンフォーム三層スポンジが消えてなくなるくらいまで使い続けるのでは?と不安になるほど、替え時がわからなかった。

 

しかし、これは替え時なんではないか!?という時が来たと思う。

それはどのようにしてわかったか、というと、そんなことは簡単。

新しいウレタンフォーム三層スポンジと古いウレタンフォーム三層スポンジを並べればいいだけの話だった、ということである。

わざわざ太文字で協調するほどでもないと思うけど、これは確実に新しいのに替えたほうがいいと私は思えた。

 

ではさっそく、新しいウレタンフォーム三層スポンジを出して並べてみた。

f:id:cosami1215:20200531152811j:plain

左が新しいスポンジ、右がいままで使っていたスポンジ

ボサボサ感が一目瞭然。

しかも、色が全違う。

 

そして、横向きにしてみる。

f:id:cosami1215:20200531153054j:plain

厚みが違う

ボサボサのところの厚みも全然違う!

しかも、新しいウレタンフォーム三層スポンジは、なんだか硬い。

もっと弾力性があったような気がしたけどこんなに硬かったけ?と思いつつ、使えば使うほどスポンジが柔らかくなっていくということか、と思い直した。

こんなに違いがわかるだなんてなあと、今日の朝に知った。

なんでいままでやってこなかったんだろう。

 

しかしこれを見て、新旧の違いが一目瞭然なのに、色が黄色い、ボサボサ感と厚みが違うだけで、スポンジ自体はまだまだ使えるし、と思って、黄色いウレタンフォーム三層スポンジを使い続けても、それはそれでその人の自由。

 

私はこれらを替え時と判断し、古いウレタンフォーム三層スポンジは、シンク洗い用に使い、そしてそのままさようならをすることにした。

どれくらいの期間使っていたかなあと考えてみたけど、よく覚えていない。

 

そろそろ替え時か?と思ったら、新旧見比べてみることにする。

事を継続するためによぎる言葉

ウォーキングとジョギングを始めて2週間ほど経った。

毎日ではないけど、1週間に3回、日曜日の朝に必ずウォーキングとか、そういう頻度で続いている。

時間も、夜この時間に行くと決めていたりする。

 

たまに、ダラダラしたくなって、テレビのある部屋で横になったりしてしまう。

そんなとき、頭によぎる言葉がある。

 

「あきらめたらそこで試合終了ですよ」

 

スラムダンクは読んだことはないけど、この言葉は有名なので、よく知っている。

運動すると決めている時間が近づいてくると、頭の中でこの言葉がグルグルと回り始める。

もう40代、ダイエットするぞ~なんて言いはなってきて、全く続かなかったこと幾度か。

正直、正直、そんな自分とおさらばしたい。

ダイエットにかぎらず、自分がいままで生活してきて、良くないこと、後悔すること、わかちゃいるけど、何回も何回も試合終了してきた。

 

諦めないで継続する。

 

諦めそうになったとき、この言葉を思い出していきたい。

f:id:cosami1215:20200531143241j:plain

朝ウォーキングで見つけた朝顔?

夏の朝は暑い。

キャップでも買おうかなと思う。

朝からこんな感じに生きてる

会社に行きたくないのに、家を出ると決めている時間より5分も早く出てしまった。

辛い、そんな自分が辛い。

ここんとこ決めてる時間より10分遅かったりと、全く守れていなかったのに、寝坊していながら、早めに家を出ちゃう自分が辛い。

 

飯山満あたりで急にお腹が痛くなる。

窓開けと冷房のせいかもしれない。

ところで、この飯山満という地名、私の中で読めない地名ベスト100には入ると思う。

が、私は読めない地名100個も覚えていない。

ちなみに、飯山満(はさま)と読む。

 

会社に着いて、急いでイレに駆け込み、なんとか生き返った、生きた心地がした。

そして、会社の休憩室にあるウォーターサーバーから、持参した水筒に水を入れようとしておボタンを押してたら、水が一滴も出てこない・・・

何回押しても押しても出てこない・・・

「んだよ!!!カラになったら替えとけよ!!!ゴラァ!!」

と、誰もいない休憩室で叫ぶ女がひとりいるのであった。

もしかしたら、社内にダダ洩れだったかもしれない。

ダダ漏れだとしても、今日は土曜日なので、人もそんないない。

 

思いやりの心が足りない人が多いなと、よく思う。

ウォーターサーバーの水も、空のまま放置しておけば、次に使う人がどう思うか、容易に想像できるものだけど、替えるのがめんどくさいのか、お水が重くて持てないか弱い女子なのか(男子かもしれない)、意外とそういう人が多い気がする。

会社などで出会うトイレットペーパーもしかりである。

まあ・・・めんどくさいんだよねえ、きっと。

 

今日は、ピーチクパーチクうるさいМさんがお休みなので平和だ。

このМさんの話をしようものなら、このブログは愚痴ブログに変わってしまうだろう。

 

あと、私の座っているところが冷房で寒い。

上を見ると、エアコンが見える。

ピンポイントやん。

マスクは、新しい生活様式に役に立っている他に、冷房からの風から口まわりを守ってくれる役割もあるようだ。

外では暑苦しいマスクも、冷房下では大活躍だ。

 

たぶん冷房で喉をやられてるんだと思うんだけど、昨日からちょっとイガイガする、なんて書いたら間違われるだろうか、疑われるだろうか。

できるだけ体調が悪いということを、公にしたくない。

同じように、若干体調が悪くて口に出して言いたい、けどこの流行の時期、間違われたらイヤだという人はいるはずである。

 

セブンのチキンライスに入っているグリンピースが眩しい。

だけど、グリンピースだけ避けて食べるアラフォーの私なのであった。

面白い本に出会った【これから文章を書こうと思っている人へ】

面白い本に出会った。

 

たまに観ているYouTuberの人がおすすめしてた本で、ならば私も読んでみようと購入して読んでみたら、自分のツボだった。

読みたいことを、書けばいい。 人生が変わるシンプルな文章術

読みたいことを、書けばいい。 人生が変わるシンプルな文章術

  • 作者:田中 泰延
  • 発売日: 2019/06/13
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

どこらへんがツボなのかというと、文章がツボだった。

本の内容もフムフムと勉強になるとこはたくさんあるのだけど、それよりも書かれている文章が面白いし、ツボで好き。

 

kindleでいう「位置No.340」ここが実物の本でいう何ページ目なのかは不明だけど、私がツボにハマった文章の一例を紹介。

「随筆」とはなにか。わたしは、文章教室の講師などを務めるとき、かならずこの質問を生徒さんにする。

ーー以下省略ーー

だいたい生徒からは、「好きに書いた文章?」「思ったことを書くこと?」などという疑問形で答えが返ってくる。これらは、2つの点で間違っている。まず、定義が曖昧すぎる。次に、質問をしたのはわたしだ。

 電車の中で、ぷぷッと笑ってしまった。

でも、マスクをしているからまわりには気づかれていない、はず。

 

この本の文章を読んでいたら、土屋賢二を思い出した。

ツチヤさん元気かなあ(知り合いじゃないけど)と、アマゾンで新しい本を出していないか検索したら、今年1冊文庫を出していた。

日々是口実 (文春文庫)

日々是口実 (文春文庫)

 

ツチヤさんのエッセイ集はほとんど読んだ、と思う。

電車でニヤ笑いしたこともあったし、家で声を出して笑ったこともあった。

しかし、ツチヤさんもだんだんお歳を増してきて、本の中では、いつの間にか勤めたいた大学を定年退職していた。

たぶん私の母親と同じ歳かな?とも思う。

 

そのツチヤさんと今回購入したタナカさんは私の中では似ている。

私の中ではね。

 

この本の中でグッときたところをいくつか紹介。

難しいのは、反響には「けなす」だけではなく「ほめる」もある点だ。だが、ほめてくれる人に、「また次もほめられよう」と思って書くと、だんだん自分がおもしろくなくなってくる。いずれにせよ、評価の奴隷になった時点で、書くことがいやになってしまう。

他人の人生を生きてはいけない。書くのは自分だ。

 

深夜、暗い部屋で腰の痛みに耐えながらキーボードを打って、自分で書いたものに自分で少し笑う、それが「書く人」の生活である。 

まだまだ紹介したかったけど、文字数がすんごく多くなりそうなのでここまで。 

 

有名人、芸能人じゃない、全くの一般人の私のブログなんて読まれるわけがない。

このブログも誰の役に立つ文章かと言えば、全く役に立っていない。

でも、なんで書くのかと聞かれたら、文章を書くのが楽しいから、自分の文章を読んでてひとりで笑えるから。

 

このひとりで笑える文章を、誰か見ず知らずの人に偶然拾ってもらえたら、それはまた何かの縁か、物好きな人なんだなと思う。

 

これから文章を書こうと思っている人へ(私も含め)おすすめの本。

ツチヤさんもおすすめ。

誹謗中傷する人とは・・・

誹謗中傷が話題になっている。

私は誹謗中傷なんてしたことないし、まず誹謗中傷したい相手がいない。

もしかして、自分の気が付かないうちにしているかもしれないけど・・・

 

日々、いろいろなニュースやブログ、SNSを見ているけど、そのようなことをしたいと思ったこともない。

たまに、その意見は違うんじゃないかなあ、なんて思うことはあるけど、相手に議論をふっかけても仕方がないし、そういう意見もあるよね、と思ってしまう。

 

番組内の彼女の態度が気に食わなかったのか、それはおかしいと意見が言いたかったのか、誹謗中傷の内容を見ていないからわからないけど、まずそれはテレビという娯楽であって、テレビだとしても、出演している人が本心で動いているとしても、そんなこと、正直どうでもいいことではないか。

 

彼女が相手に悪い態度を取って、相手に不快な思いをさせていたとしても、誹謗中傷する人の側に何が起こるだろうか。

ただ単に、観ている人は自分の価値観?と違う風景が出てきたということで、不快に思ったり嫌な思いをするかもしれないが、そんなの観ている人の人生の何に影響するのか。

 

バラエティ番組は、単に観ている人を楽しませるのが目的であって、それ以上それ以外でもないと思う。

例えば情報番組は、観ている人に情報を与えるのが目的であって、その情報が間違っていたり、混乱させるようなことだったり、演出が倫理に反して過激過ぎたりしたら、テレビ局にクレームを入れればいいだけである。

 

テレビの演出と現実とが区別なく認識されてしまう世の中が怖いし、そんな人がたくさんいるのも怖い。

誹謗中傷をして相手がどういう気持ちになるか、相手がどんな行動をするか予測がつかない人たちがたくさんいるのも怖い。

誹謗中傷とは、根拠のない悪口を言いふらすこと、である。

自分も根拠もない悪口を言われると、どういう気持ちになるのか、まず考えてもらいたい。 

 

 

しかし反面教師、自分自身も気をつけたい。

雷雨とマスクと記憶

今日の夕方、雷雨があった。

会社の窓から聞こえる雨音、最初は雨が降ってるなんて気が付かなかったけど、やっぱり雨の音のような気がして、窓から外を覗いた。

 

雨が降っていた。

 

天気予報で夕方に雨が降るだなんて言ってたかな?と思い返したけど、私の記憶にはなかった。

リュックの中を見て、折り畳み傘を持ってきていたことに安堵した。

 

帰宅時間になって外に出た。

かなりの本降りで気分は萎えたけど、なんだか涼しい。

これからの季節、雷雨があったあとのあの蒸し暑さを考えると気が滅入る。

 

夏の雷雨は、いろいろキレイにしてくれる印象だ。

空気もキレイにして、空もキレイにして、地面もキレイにして、雨上がりの涼しい空気で心もキレイになる。

雨上がりの空気は気持ちいいし澄んでいる。

でも今年は違った。

鼻と口をマスクが覆っている。

 

家の最寄駅から歩いていると、マスクをしているのが、なんだかもったいなくなってきた。

電車の中や会社ではマスクをしているが、外にいるときは、どうしてもマスクを外したくなる。

しばらくの辛抱だといえども、清々しい、澄んだ空気が吸えないのは、なんとも悲しい。

 

私は誰もいない帰り道、マスクを外して思いっきり空気を何回も吸った。

その空気は美味しくて、涼しくて、とても清々しかった。

 

お互いマスクをしていると、相手の顔を忘れてしまいそうだし、外の空気の気持ち良さも忘れてしまいそうだ。

 

私が派遣されている会社は、来月も在宅勤務を継続するという。

たまに思う。

あの人とはもう一緒に仕事ができないのかなあと。

在宅勤務で仕事に支障がなければ、ずっと在宅になるんじゃないかって言われている。

あの時は楽しかったのに、いつまで続くんだろう。

 

私はコロナ以前の面白い雰囲気の職場が楽しかった。

あの頃に戻れるのか、それとも新しい生活様式として、現状のままになるのか。

新しい生活様式に慣れても、私には忘れたくないものがあったのだった。