ねことメガネとアネモネと

古代史とお出かけと日常の備忘録

新しいダウンジャケットが届いたが返品することにした

先日、こんな記事を書いた。

azu-simple-diary.hatenablog.com

いま持っているダウンの毛が出てきてしまうため、ダウンの寿命なんじゃないかと思い、いま持っているダウンと同じメーカー、エディーバウアーのダウンを新しく買ったと書いたが、結局返品することにした。

返品した理由はもちろん、持たない暮らしを実践、いま持っているもので生活していく!という目標のためである。

それと、前回の記事でも書いたけど、防水スプレーでだましだまし使っていくという点も、今回購入しようとしたダウンを返品する理由のひとつである。

なんだか貧乏くさいなと思ってしまうかもしれないが、よくよくいま使っているダウンを見ていると、まだ使えると思える点が多々あることもある。

 

今回購入しようとしたダウンを買うと決めた理由というか状況をよくよく思い返してみると、セール品の中から、まあこれなら無難かな?なんていう、ときめきポイントがないまま購入するをポチってしまったのである。

そうです、良くない買い物の仕方をしてしまったと、自分ではめずらしく思うことができたのであった。

 

でも、届いた商品を見てみると、ほほう、意外といいじゃんなんて、購入しちゃおっかなあ~なんて思いもしたが、購入品を見つめること5分、いや、いま使っているダウンを今年いっぱい着倒そうと、決心したのであった。

いまのダウンを着倒してから、次の冬前に、お店に行って次に着るダウンを直にじっくり見て購入する、定価でも自分の気に入ったものを買おうと決めたのだ。

 

買い物の仕方を変える

買い物の仕方を変える

進歩だ。

こんなこと当たり前じゃんなんて思うかもしれないが、いままでの自分の買い物の仕方と比べてみると、昔ならこんな考え方、絶対に浮かんでこなかったと思う。

こういうことを実践していって、本当に必要なものというものを見つけていって買い物をしていきたいと思う。

【持たない暮らし】持たない暮らしを目指してまずは台所を見直す

大変なことが起こった。

ここでは言うことはできないけど、その出来事のせいで、自分の生活習慣を改めて、きちんと生活していかないといけないと、今更ながらまた気が付いた。

 

いまの家に引っ越してきてから1年ほど経過した。

前の家に住んでいるときに、ミニマリストという人?ミニマリズムという生活?をしている人たちがいるということを知った。

その知った人たちの生活習慣に影響されて、自分の持っている持ち物を見直し、これ以上物は増やさないぞ!なんて、決めたはずだったのに、結局、物はまた増え始めてしまった。

 

前の家から今の家に引っ越すということになったとき、また持っているモノを見直そうと思って、またいろいろ物を捨てた。

が、結局また物が増えてしまった。

貯金もそんななく、この歳でこんな生活をしていていいのか、なんてたまに思うけど、結局忘れてしまう。

 

そんなこんなで、のらりくらりと生活していたら、つい先日に起こった大変な出来事。

相方に相談したら若干怒られ、反省するために私は過去の自分の生活を見つめなおし、いい加減、こんな生活するのやめようといろいろ気持ちをノートに書きだし、心に決めた。

 

いままで見慣れていた場所を、スッキリさせるために、まずは台所を見直した。

使っていないものが台所を占拠しているために、家事をする気も起きないのかもと思い、今後、ずっと使うことがないだろうと思うものは捨て、いまは使わないけど、捨てちゃうとマズイものは、台所下にある収納スペースにしまった。

今回はこんな感じに整理してみた

今回はこんな感じに整理してみた

まあ、まだごちゃごちゃしているように見えるかもしれないが、自分のペースでやっていく、とりあえずこれで生活してみて、またいらないものが出てきたら捨てようと思う。

 

ラベルをはがして、容器もシンプルに見せるようにした。

ラベルをはがしてみる

ラベルをはがしてみる

賞味期限がわからなくなって不安になるかもだけど、普段よく使うものであれば、賞味期限内に使いきることができる。

 

2021年の目標に『持たない暮らし』を実践すると決めた。

持たない暮らしをするというか、いままでの生活習慣を改めて、物を買いすぎない、増やしすぎない生活をする、そんで貯金をしたり、自分のやりたいことに、お金を回す、そんな生活にシフトしていかないといけないと、自分に戒めた。

ここに、その成果じゃないけど、備忘録的に書いていきたいと思う。

無印良品「アクリルスマホ小物スタンド小」を購入する

今年の目標のひとつに、仕事で使う資格を取得する!というのがある。

いい加減、これは達成したいと、決めた。

自分の机の上で勉強をしている中、けっこう机の上がごちゃごちゃしていて、勉強がやりにくいなと感じてきていた。

いままでは気にならなかったけど、冷静に机の上を見つめていたら、けっこう物が多いなと思い、いらないもの、いるものを整理して、机の上をコンパクトにしようと思った。

 

コロナウイルスの影響で、リモートワークが多くなる中、YouTubeでたくさんあがっている「デスクツアー」をいろいろ見ていた。

上下に動く机や、大きいモニター、複数のアップル製品などなど、ちょっと自分にはほど遠い世界だなあ~と思うものから、これなら少しは真似できそうかもと思う、センスの光るデスク周りの動画まで、いろいろ見ていた。

 

そこにチラッと出てきていたのが無印良品の「アクリルスマホ小物スタンド小」であった。

「あ!これええやん(大阪人じゃないけど)」

と思い、すぐさま無印良品に行って購入してきた。

無印良品のアクリルスマホ小物スタンド

無印良品のアクリルスマホ小物スタンド

たくさんペン類が入っているけど、とりあえずこれで生活してみようと思う。

そこで、いらないと思えるものや、ときめかないものが出てきたら断捨離である。

ちなみに、青ペンやハサミも興味本位で購入してきた。

動画をいろいろ見ていたら、自分の持ち物を無印良品で統一したいなという欲望が生まれた。

一応、この机は無印良品の折りたたみローテーブルである。

アクリルスマホ小物スタンドにスマホを置いてみる

アクリルスマホ小物スタンドにスマホを置いてみる

アクリルスマホ小物スタンドのアップ

アクリルスマホ小物スタンドのアップ

ペン立てのところとスマホ置き場のところに隙間がある。

その隙間を活用したほうがいいのかどうなのか、あほな私にはいまのところ何も思いつかず・・・

青ペンらへんを強調

青ペンらへんを強調

青ペンについているシールをはがしたかったが、きれいにうまくはがせなさそうだったので諦めた(シールの糊が残りそうで諦めたのだった)

とりあえず、こんな感じに配置する

とりあえず、こんな感じに配置する

アクリルなので、動かすと、ペンたちとアクリルが擦れて、微妙に背筋がゾクゾクしそうな音が出る。

あと、ピカピカ透明が、今後どのように使い古されていくのか、気になるところである。

 

アクリルスマホ小物スタンドという名前がついているということは、もちろんがあるわけで、アクリルスマホ小物スタンド大は、この小物スタンドぴったり(たぶん)2個分の大きさになるものもある。

それもちょっと悩んだけど、狭い机だし、それを置いたことによって物が増えるのもアレかなと思い、私は小にした。

無印良品のサイトから

無印良品のサイトから

今年は、シンプルな生活、無印ライフを目指して生きていくぞ。

今更ながらアベノマスクの処分するかどうか悩む自分(結局断捨離)

今年の私の目標のひとつに「持たない暮らしをする」というのを追加した。

(先週あたりに、今年の目標を決めた)

2回目の緊急事態宣言が発令されたこともあり、なるべく外出するのを控えようと思ったり、テレビで放送されるニュースの影響か、今更ながら、財布のひもをしめようと思う気持ちになってきて(今後何があるかわからないから)、ミニマリスト精神を再び燃やそうと思って、部屋の中にあるものを断捨離する決心をした。

断捨離をするからには、持たない暮らしを実践していかなけらばならないと、今年の目標に加えた。

 

掃除をしていると、前回の緊急事態宣言が発令されたときに配られた「アベノマスク」がふと出てきた。

1回も使用していないアベノマスク。

アベノマスクって懐かしい言葉だなあ~なんて思いながら、これをどうしようか思った。

選択肢はふたつしかないと思う。

 

1.アベノマスクを使用する。

2.アベノマスクを断捨離する(捨てる)。

 

マスクが世の中にめっちゃ行きわたっているこのご時世、だあ~れもアベノマスクを利用している人なんかいない(と思う)

 

私のアベノマスクも、透明な袋に入ったまま、ずーっと窓際で放置されていた。

使うこともないから捨てようかなと思ったけど、これって確かうちらの税金で作られたマスクだった、これをポイっと捨ててもいいものかどうか、みたいな気持ちが沸いてきてしまった。

しかし、ずーっと使っていなかったら、今後も使うことなんかないし、配られたときに使わなかった自分も悪い。

 

アベノマスクごめん・・・使わなかった私が悪かった。

私はアベノマスクに謝罪しながら、ゴミ袋にアベノマスクをポイした。

 

今年は、物を増やさない生活をする、必要最低限の買い物だけをして、節約して増えたお金を、古墳旅行などにあてたいと思うのである。

ダウンジャケットの毛が出てきたのでどうにかならないものか

いらすとやさんのダウンジャケット

いらすとやさんのダウンジャケット

寒い、朝がとにかく寒い。

去年の冬は暖冬で、ユニクロのライトダウンで余裕に過ごしていたけど、今年の冬は、ホントに冬らしく、去年のツケみたいなのがまわってきて、部屋にいるのに、ブルブルと震えながら過ごしている。

 

ダウンジャケットといえば、去年出番のなかったエディーバウアーのダウンが、今年は大活躍しているところだ。

今年はこのダウンが活躍しそうだ!と思ったとき、とりあえずキレイにしようとクリーニングに出し、いざ寒い日に着ていくと、ダウンから毛がフワフワとよく出るようになっていた。

 

「あんまりこのダウン着ていないような気がするけど、もう毛が出てきちゃうのか」

 

と、思って、ダウンジャケットの寿命ってどれくらいだ?とGoogleさんに聞いてみた。

すると、だいたいどこのサイトを見ても、3年が寿命、みたいなコメントが出てくる。

 

「あ~確かになあ~・・・3年はこのダウン着ているかも」

 

私が使用しているエディーバウアーのダウンは、セール品であった。

しかも!!かなり暖かい。

 

 2年前だったか、北海道に大寒波がやってくるというときに、北海道にいる友達に会いにいった。

そのとき、このエディーバウアーのダウンを羽織り、中には毛のセータ、さらにユニクロの極暖ヒートテックを着て、小樽の雪深い街並みを歩いていたのであった。

昼間で、マイナス20度くらいだったかな?かなり寒い気温の中、大活躍したエディーバウアーのダウンだった。

そんなダウンも、寿命3年と聞けば、確かに今年の冬で引退かもしれない。

 

しかし、どうしてもこれを着ていたいと思って、ダウンの毛が出ない方法はないものかと、またGoogleさんに聞いてみた。

すると、防水スプレーを吹きかけると毛が外に出るのを防げるという記事を見た。

へ~!と思い、さっそくベランダで、ダウンジャケットに防水スプレーをかけてみた。

正直、半信半疑な気持ちだったが、家に防水スプレーはあるし、手っ取り早い方法だったので、ものは試しにと思い、実行してみたのである。

これでダメだったら、新しいダウンジャケットを購入しようと決めていた。

 

次の日、会社へとこのダウンジャケットを着て出勤してみた。

すると、なんと!完全ではないが、ダウンから出る毛を最小限の最小限に抑えることができていた。

「すごいじゃないか!防水スプレー!」

まあでも、数日経つと、また毛がジワジワと出てくるので、そのたびに防水スプレーを吹きかけなければならない。

こういうダウンジャケットの使い方もどうかなあ~と思い直して、素直に、2代目エディーバウアーのダウンジャケットを注文したのであった。

 

ちなみに、対策として、防水スプレーを吹きかけるをあげたが、毛が目立たない服を着る(白とか濃い色の服以外を着る)のが良いと書いてある記事も見かけた。

我が家には猫もいるし(猫の毛が目立つ)そっちのほうがいいんだろうな。

洋服は基本消耗品。

服に不備が出てきたら、潔く買い替えよう。

 

↓↓ポチっとなお願いします。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村