ねことメガネとアネモネと

古代史とお出かけと日常の備忘録

霧ヶ峰ハイキング・ニッコウキスゲ満開でした【車山・蝶々深山】

どこかに山登り、またはハイキングに行きたいな~なんて思っていた。

東京都にまた緊急事態宣言が出されて、しかも東京オリンピック。

このふたつのせいで?出かけるのにハードルができた。

けど、そんなのお構いなしで、出かけよう!と思い立ち、どこにしようか悩んだ結果「霧ヶ峰ハイキング」にした。

霧ヶ峰へは、友達と2015年に一度行ったときがあった。

どこから6年(月日が経つの早い・・・)ひとりでもう1度、霧ヶ峰ハイキングに行くのだった。

 

家を5時に出て、中央自動車「諏訪I.C.」を目指すのであった。

霧ヶ峰ハイキングの工程は「車山肩→車山山頂→車山乗越→蝶々深山→車山肩」という、だいたい2時間半くらいのハイキングだった。

車山肩から登るため、チャプリンというお食事処の駐車場を目指した。

霧ヶ峰を走る「ヴィーナスライン」という道路があるんだけど、そこまで行くのに、ものすんごい傾斜のある集落(斜度15%もある)を通る必要がある。

(そこを通らないで行けるルートもあるけど)

私のホンダのライフのエンジンが常に唸っていて、可哀そうだな・・・と思いつつ、霧ヶ峰を目指した。

 

チャプリンに着いたのが10時頃。

出遅れたーー!!と思って、車を駐車できるところを探し、なんとかライフちんを駐車場に停めることができた(道路の反対側には、有料1000円で停められる駐車場がある)

車から出ると「風がめちゃくちゃ涼しい!!!」とついつい独り言を言ってしまったほど、風が涼しい。

そりゃあもちろん、エアコンの名前になっているほどの霧ヶ峰。

本当に、風がめちゃくちゃ気持ちい場所である。

 

では、靴を登山用に変えて、車山山頂を目指す。

f:id:cosami1215:20210727100325j:plain

車山肩から車山山頂を目指す

ほとんど辛い傾斜の登山道がないので、まあ、登山装備でなくとも、車山山頂を目指すことができる。

7月の季節、ニッコウキスゲの時期のようで、たくさん咲いていた。

f:id:cosami1215:20210727100451j:plain

ニッコウキスゲ

f:id:cosami1215:20210727100507j:plain

日差しはけっこう強かったけど、風がすごく気持ち良くて、暑い日差しを和らげてくれていた。

f:id:cosami1215:20210727102616j:plain

右側に見えるのがチャプリン

f:id:cosami1215:20210727102701j:plain

黄色いところはニッコウキスゲ

景色が良すぎて、常に写真を撮っている私。

f:id:cosami1215:20210727103053j:plain

f:id:cosami1215:20210727103123j:plain

バランス良く置いてある石

f:id:cosami1215:20210727103145j:plain

霧ヶ峰から見える周りの山々

車山山頂は、車山肩から約50分ほど。

f:id:cosami1215:20210727103216j:plain

車山山頂を目指す

左側に見える白い建物は、車山山頂にある気象レーダー。

f:id:cosami1215:20210727103256j:plain

雲と空と緑のコントラストが良すぎる

f:id:cosami1215:20210727103443j:plain

f:id:cosami1215:20210727103458j:plain

八ヶ岳???

車山肩から50分くらい、車山山頂に到着。

道の起伏もそんななく、石はゴロゴロしているけど、登りやすい登山道。

f:id:cosami1215:20210727103529j:plain

f:id:cosami1215:20210727103641j:plain

f:id:cosami1215:20210727111131j:plain

f:id:cosami1215:20210727123701j:plain

白樺湖が見える

山登りで来た人以外は、たいてい、リフトに乗って山頂に来るか、途中から山を登って山頂を目指す人、それぞれいた。

f:id:cosami1215:20210727123733j:plain

車山山頂へはリフトに乗ってでも行ける

車山山頂を後にして、蝶々深山を目指します。

f:id:cosami1215:20210727123857j:plain

蝶々深山は、車山と同じく、そんなに斜度がない山。

登山が初めてという人にとっては、ちょっと苦しい登山になるかもだけど、そんなに辛いところはないです。

f:id:cosami1215:20210727134014j:plain

後ろを振り向くと、気象レーダーが見える

f:id:cosami1215:20210727134104j:plain

分岐

道の上が、蝶々深山の頂上。

f:id:cosami1215:20210727134123j:plain

蝶々深山へ行く登山道

f:id:cosami1215:20210727134202j:plain

f:id:cosami1215:20210727134252j:plain

雲を空が良い

f:id:cosami1215:20210727134312j:plain

帰りはあそこに戻る

f:id:cosami1215:20210727134332j:plain

気象レーダーが小さく見える

蝶々深山の頂上も、360度景色が良い。

f:id:cosami1215:20210727134407j:plain

すぐ蝶々深山の頂上

f:id:cosami1215:20210727134448j:plain

蝶々深山の先に、八島ヶ原湿原がある

もっと時間があれば、八島ヶ原湿原まで歩いて、霧ヶ峰を周遊してきたいと思う。

f:id:cosami1215:20210727134616j:plain

八島ヶ原湿原が見える

蝶々深山を下山して、車山肩を目指す。

f:id:cosami1215:20210727134850j:plain

蝶々深山を下山して、車山肩を目指す

f:id:cosami1215:20210727134938j:plain

振り返ると蝶々深山が見える

無事に、車山肩まで戻り、チャプリンのソフトクリームを食べました。

f:id:cosami1215:20210727135017j:plain

ソフトクリームを食べている間、だんだん霧ヶ峰の風も強くなってきて、暑い気温のはずなのに、ソフトクリームを食べているせいか、だんだん寒くなってきた。

とっても美味しかったソフトクリーム。

 

霧ヶ峰は、毎年来て、ハイキングがしたいと思った。

今度は、どこかのキャンプ場でテントを張ってから、霧ヶ峰ハイキングがしたいなと思いました。

霧ヶ峰、とても人気の場所なんで、平日でも混むのを覚悟して行ったほうがいいと思う。

買ってしまった・・・ミレーのサースフェー50+15

今日は、相方の誕生日だった。

 

プレゼントは、ミレーのクーラの30は持っているけど、その同じクーラで40が欲しいと言っていたので、柏にある「アルペンアウトドアーズ フラッグシップストア」に行って、クーラの40が売っているかどうか、一緒に見に行った。

日曜日は、あそこらへん、めちゃくちゃ混む。

めちゃくちゃ混むということを知っていたので、開店と同時に着けるように家を出たけど、まあ・・・みな同じ考えなのか、すでにめちゃ混みだった(某マンガサイトのようだけど)

 

アルペンアウトドアーズ フラッグシップストアは、かなり広い店舗で、3階建てである。

1階は、キャンプ用品、2階は、ウェア類なのかな?3階は、登山用品である。

(トイレは、2階と1階にしかない)

3階まで、エスカレーターで行き、とりあえず、ミレーのクーラを探していた。

クーラを発見したはいいけど、店員さんいわく、40はうちでは置いていないとのこと。

 

私は、テント泊用にと、リュックを探していたんだけど、今日買うつもりはなかった、が・・・

店員さんにいろいろ聞いているうちに、ここで買っちゃおうかな~なんて、いけない思考に切り替わっていった。

そして出た、店員さんにオススメされた「ミレーのサースフェー50+15」である。

確か、いつも見ているYouTuberさんが、これを使ってテント泊をしていたのを観たことがあった。

 

モンベルで、50リットルのリュックにしようかな~と思っていたけど、サースフェーはプラス15リットルに、これに心を奪われてしまった。

お値段的には、モンベルのほうが安いけど、実際、サースフェーを手にして、背負ってみると、いやはや軽い!!!

ええ~!こんな軽いの!?なんて、ひとり驚いていたけど、自分の持っているリュックが重量級過ぎなのか、とにかく軽さに感動。

しかも、背負い方も、いちから教えてもらう始末。

正直、相方の誕生日プレゼントそっちのけで、ミレーのサースフェーに釘付けになっていた私笑

いや、相方も、ミレーのサースフェーの近くにあった、黒の40リットルのリュックを手に取り、このデザインと軽さと機能性がいいと絶賛し、クーラは諦めて、ミレーの黒のリュックにした。

 

ということで、アルペンアウトドアーズ フラッグシップストアで、ふたつ登山リュックを購入してしまった。

内心(とんだ出費だったな・・・)なんて、青くなったけど、どっちにしろ、テント泊用にリュックが欲しかったしな~なんて前向き??に考えて、店を出た。

 

さっそく、猫の毛まみれになりそうな、ミレーのサースフェー50+15。

f:id:cosami1215:20210718173458j:plain

ミレーのサースフェー50+15

色は、この色しかないって言ってたかな?

公式サイトも、この色しか載っていないようです。

サース フェー 50+15 | ミレー公式オンラインストア

 

f:id:cosami1215:20210718173758j:plain

ミレーのサースフェー50+15

サイズは、МとLがある。

私が購入したのは、Мサイズ。

上の部分(上蓋部分)を伸ばすことによって、容量がプラスされるということです。

 

あとは、テントを買うだけだなあ~。

オリンピックが終わったら、車で遠出して、テント泊がしたい!

(オリンピック期間中、首都高を通ると、料金が1000円上乗せされるみたいなんで・・・)

逆に、夜中(0時から同日4時)に首都高を通ると、50%オフらしい。

楽天でTシャツを買ったけど、結局ユニクロのTシャツに落ち着く

先日、楽天市場で、Tシャツを2枚購入した。

会社から帰宅する電車内で、楽天市場を見ていたら「汗染みに強いTシャツ」みたいな売り文句で売られているTシャツを目にした。

自分、とても汗っかきで、毎年の夏、汗で常にひーこら悩まされている。

楽天市場でこのTシャツを見たとき、へ~!ちょっと買ってみようかなと思って、ついつい買ってしまった(衝動買いの始まり)

お値段も1200円くらいだし、いいかな~みたいな(衝動買いする人の特徴)

 

いざ、そのTシャツが家に来て、中を見てみると・・・

「なんか、生地が薄いTシャツだな・・・」

と、ちょっとショック。

Tシャツを着ているモデルさんを見ていたけど、生地が薄いTシャツだと感じていたけど、ここまで薄いとは・・・と思ってしまった。

しかも、2枚購入してしまった。

(汗染みに強いと表記がありつつ、素材は綿100%。ホンマかいな?)

安物買いの銭失いをしてしまったのだった・・・

 

ある日、会社近くにあるショッピングモールにあるユニクロに行った。

そこで見た「クールネックT」を見て、やっぱりユニクロのほうが生地が厚くてしっかりしているよな~なんて思い、クールネックTを2枚購入してしまった。

 

失敗したな・・・

いつも思っているのに、つい安物買いの銭失いをしてしまう。

今回限りで、楽天市場でTシャツ(安いTシャツ)は買わないようにする。

私も、服はユニクロ一択で生きようかな。

那須どうぶつ王国に行ったあとは、白河ラーメン『二代目 いまの家』

那須どうぶつ王国に行ったあと、お昼ご飯をどうするかという話になった。

やっぱり食べるなら、ご当地のものが食べたいということになり、那須どうぶつ王国からちょっと近い『二代目 いまの家』という、白河ラーメンが食べられるお店に行った。

tabelog.com

ネットで調べると、かなりの人気店らしく、しかも行く時間はお昼時。

並ぶのは覚悟できるけど、車が停められない状態になるのだけは避けたい!と思い、早々と那須どうぶつ王国をあとにした。

 

那須どうぶつ王国から、けっこう近い。

f:id:cosami1215:20210706101116p:plain

那須どうぶつ王国から、二代目 いまの家

私たちが到着したとき、駐車場は3台くらいしか空いてなかった。

いや~ギリギリセーフ!(^^)

でも、お店の前では、4組ほど並んでいる様子。

どうする?なんて話したけど、せっかくのチャンス、並んでいいから食べたい!ということで、お店の前で並ぶことに。

f:id:cosami1215:20210706101314j:plain

二代目 いまの家の外観(目の前は駐車場)

とりあえず、店内にあるウェイティングボード?に名前を書いて、待つこと数十分くらいだった気がする。

お店の人が出てきて、名前を呼び、メニュー表を渡してくれる。

そして、またお店の人が来て、事前に注文を受けてくれる。

しかし、混んでいる時間だったから、事前に注文を受けてもらえても、席に着いてからも、なかなかラーメンが来ない(文句ではない、その状況を説明している)

 

私は「本格白河ラーメン・しょうゆ味」のチャーシュー麵を注文。

f:id:cosami1215:20210706102410j:plain

白河ラーメン

すごい、しょうゆの色が濃い。

久しぶりに、あっさり系のラーメンが食べられるかな?と思ったけど、いざ食べてみると、ガツンとしょうゆの味がして、うまい!!!

ガツンとしょうゆの味がして、さっぱりしている。

スープもしつこくないし、するするスープも飲める。

f:id:cosami1215:20210706102715j:plain

ナルトアップ

麺、大盛りができるし、しょうゆの味も薄くと、いろいろアレンジがきくようです。

いやはや、いい旅行ができてる。

相方と、今回の旅行も当たりだね~なんて話ながら、今日泊まる旅館へと行った。

【マヌルネコとスナネコに会いに行く】那須どうぶつ王国へ1泊2日旅行・その2

 那須どうぶつ王国へ1泊2日旅行・その2。

↓↓スナネコたち以外の動物たちはこちら。

azu-simple-diary.hatenablog.com

 カピバラさんたちを見学したあと、スナネコに会いに行くために、保全の森ゾーンへ。

早くスナネコが見たい!と他の動物たちには申し訳ない気持ちを抱きながら、スナネコがいる展示室へと行った。

ワクワク、ワクワク(しながら歩いて行く)

あああ!!いた!!(*'ω'*)

わああああーーー!!!スナネコかわいいーーー!!

f:id:cosami1215:20210705164252j:plain

チラッと見えるスナネコ

f:id:cosami1215:20210705164339j:plain

あくびするスナネコ

スナネコ・・・か・・・可愛すぎる・・・

我が家にいる猫たちも、もちろんかわいいけど、間近でみる生のスナネコ・・・

本当にかわいい。

f:id:cosami1215:20210705165252j:plain

のび~

左下に見える骨肉があるけど、こんなかわいい顔をして、食べ物はワイルド。

さすが、イエネコとは違い、野生感まんさい。

スナネコは、ペットとして飼うことは、おすすめできないと書いてあった。

爪を研ぐ姿も可愛すぎる・・・(*'ω'*)

f:id:cosami1215:20210705170211j:plain

我が家の猫と一緒、爪を研ぐ

f:id:cosami1215:20210705170254j:plain

大きな骨をモグモグする姿を見てしまうと、イエネコのイメージしかない私は、かわいい顔して、ワイルド過ぎだろとツッコんでしまう。

f:id:cosami1215:20210705170308j:plain

骨をモグモグするスナネコ

このじゃれあい感が可愛すぎる・・・

f:id:cosami1215:20210705170518j:plain

おしりをクンクンするスナネコ

f:id:cosami1215:20210705171331j:plain

後ろからロックオン

f:id:cosami1215:20210705171350j:plain

こう見ると、本当にニャンニャン

f:id:cosami1215:20210705171601j:plain

可愛すぎる・・・スナネコ

ずーっとずーっとスナネコがいる展示室で、かわいいかわいいと言いながら、写真などを撮っていた。

また那須どうぶつ王国に行きたい。

スナネコたちに会いに行きたい(マヌルネコたちにも会いたい)

スナネコの展示室に長居してしまい、人も多くなってきたので、次の動物の展示室へ移動した。

 

スナネコの隣の展示室は「ミーアキャット」。

チラッとミーアキャットの展示室を見てみると・・・

f:id:cosami1215:20210705172142j:plain

たぶん、身体を温めている

かわいいーーーー!!ライトの下で身体を温めているじゃないか・・・

f:id:cosami1215:20210705172407j:plain

カメラ目線のミーアキャット

スナネコたちがいる保全の森の展示室・・・癒されます。

f:id:cosami1215:20210705172609j:plain

 

保全の森を後にして、次の展示室「熱帯の森」へ移動した。

f:id:cosami1215:20210705173004j:plain

f:id:cosami1215:20210705173221j:plain

人慣れ感が否めない

f:id:cosami1215:20210705173317j:plain

鳥ちゃんたちたくさん

f:id:cosami1215:20210705173414j:plain

相方がカモちゃんたちにエサをあげる

f:id:cosami1215:20210705173513j:plain

上を見上げると・・・

f:id:cosami1215:20210705173612j:plain

ネコ(ネコ科)ってやはりだら~んとしている

f:id:cosami1215:20210705173800j:plain

コツメカワウソくんたち

f:id:cosami1215:20210705173904j:plain

ベッタリと一緒になった(*'ω'*)

f:id:cosami1215:20210705174016j:plain

流れる場所から水を飲むところがかわいい

熱帯の森を後にして、プレーリードッグたちがいる展示室へ移動した。

その前に・・・

f:id:cosami1215:20210705174217j:plain

犬をなでなでする相方

f:id:cosami1215:20210705174317j:plain

移動して、プレーリードッグを見学。

ぷ・・・プレーリードッグ・・・かわいすぎる・・・(*'ω'*)

f:id:cosami1215:20210705174506j:plain

みんなでモグモグ

f:id:cosami1215:20210705174556j:plain

お母さんと子供かな?じゃれあっていてかわいい

f:id:cosami1215:20210705174652j:plain

じゃれあう親子

f:id:cosami1215:20210705174749j:plain

穴を掘っているお尻がかわいい(*'ω'*)

f:id:cosami1215:20210705174845j:plain

向こうでもじゃれあっている

f:id:cosami1215:20210705174938j:plain

穴を掘っているところにみな集まってきた(*'ω'*)

ああー、プレーリードッグかわいい。

ひとつひとつのしぐさがかわいいよ。

 

プレーリードッグの展示室を後にして、次へ行く。

f:id:cosami1215:20210705175056j:plain

狼くんたち、キリっとかっこいい

f:id:cosami1215:20210705175317j:plain

スカンクくんたち

と、とりあえず、那須どうぶつ王国の動物たちを見終わった。

時計を見ると、12時半くらい。

そろそろ、目をつけているラーメン屋に行こうと、那須どうぶつ王国をあとにした。

 

帰る前に、マヌルネコのプリンを食べる。

ゴマのプリンだったのかな?(よく説明文を見ていない)

不思議な味がした、あと、顔はチョコレートだったんだけど、割れてちょっぴり残念だったけど、とても美味しかった!

f:id:cosami1215:20210705175534j:plain

マヌルネコのプリン

帰り前に、ちょっとだけ、マヌルネコを見学。

とぉぉおおおおーーーっても楽しい時間を過ごすことができた「那須どうぶつ王国」

千葉からは、ちょっと遠いけど、またスナネコたちに会いに行きたいと思いました。

f:id:cosami1215:20210705175811j:plain

スナネコ、本当にかわいかったーー!!